世界三大ワインオークション「アッカー・メラル・ワインズ・ジャパン・ワインオークションパーティ 」へ

プロフィール写真

都内在住。きもの学院 講師。きものサロンを主宰し、現代空間にマッチするファッションとしてのキモノを提案しています。また、ニッポンブランドマイスターとして商品開発も。“日本のモノづくりを知ることは、今の暮らしを見つめ直し、未来に繋がる”がモットー。全国のよきモノ、食を求めて旅した嗅覚で、面白いモノ・コト、おでかけをご紹介します。

ワインやシャンパーニュは好きだけれどそれほど詳しくなく、フレンチにも日本酒を合わせたりすることが多かったので、ワインオークションは別世界のお話だと思っていました。


生き方や価値観、美意識そのすべてにおいて尊敬してやまないフラワーデザイナーの花千代さん(写真左)からのお誘いで、初心者でも参加しやすいと聞き、アッカー・メラル・ワインズ・ジャパン・ワインオークションパーティ へ。

「Acker」とはNYにある、アメリカ最古のワインショップ。

今回は、通常の香港オークションとは会場も違い、ディナーとクラシックの生演奏つきの、東京のみのパーティ形式オークションです。

ワインオークションの中心地、ニューヨークと香港でナンバーワンの売り上げを誇る「Acker 」。

世界三大ワインオークションで、日本唯一のファインワイン・オークションでもあります。ファインワインとは高品質のワインです。

 

 

ワインオークションの歴史はとても古く、初めて開催されたのは古代ローマなのだそうです。古代ローマでは樽のワインが主流で熟成したワインの取引が始まったのは、コルクでガラス瓶に詰めるようになった17世紀。

参加者に競り用のナンバーパドルがテーブルに。

 

いよいよオークション開始!

事前に出品されるワインリストが送られてきているので、お目当てのワインをあらかじめ決めておくのもいいようです。

 

壇上のオークショニアーが金額を競り上げていくので、落札を希望する場合、パドルをオークショニアーに見えるように挙げます。

 

その都度、最高金額の応札者は落札者と見なされるので緊張感があります。

 

パドル番号が読み上げられた人が落札者になります。

私も欲しい!と思ったワインでパドルをあげた瞬間。緊張感とともに引き際も考えながら、その駆け引きが楽しくもありました。

 

このアッカー・メラル・ワインズ・ジャパン・ワインオークションパーティ は1本から落札できるワインオークションなので、家族や自分の生まれ年のヴィンテージワインを見つけるのも楽しいのです。

今回のオークションパーティは着席フルコースで、アッカーセレクトワインを飲みながらのパーティー形式。会場にはドレスアップした女性が多くみられました。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


To Top