OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

リピーターも多い、つまみ細工体験「京都 おはりばこ」

小原誉子

小原誉子

「京都観光おもてなし大使」&旅ライター
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを経て、集英社「エクラ」などのライターに。
2011年より京都に在住。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

記事一覧を見る

最近の京都旅で人気は、名所旧跡の観光だけではなく、京都らしい伝統工芸の工房を訪ね、その技に触れる「体験型京都旅」です。

以前には「京からかみ体験」をお伝えしましたが、今回は、「つまみ細工体験」をご紹介します。

 

つまみ細工は、江戸時代に女性たちの間に流行した髪飾りの技法です。正方形の薄手の絹の小布を、三角形に折り重ね、小さな花びらを作ります。それを組み合わせ、桜、藤、菊などさまざまな花かんざしに…。京都では、舞妓さんの艶やかな髪飾りとして、四季折々の風情を醸し出しています。

 

訪れた「京都 おはりばこ」は、戦後間もなく、糸屋として創業。二代目から帯締めや髪飾りの製造をはじめ、現在の三代目店主の北井秀昌さんは、つまみ細工の若い職人の育成をも手掛けています。京都の北西「大徳寺」の東門のそばにあるモダンな雰囲気の店舗の奥に、趣を漂わす町家があり、そこでつまみ細工を体験します。

今回、京都に暮らす友人が、「つまみ細工体験」を予約。「孫の七五三のお祝いに花かんざしを作って、プレゼントしたい」というのにお伴しました。

大きなテーブルには、体験で作る愛らしい花かんざしの材料が並んでいます。7色のパステルカラーの絹の小布から、好きな色を組み合わせ、自分だけの花かんざしを作ります。

この日のご指導くださったのは、店主の北井さん。体験者には、ベテランの職人さんが、丁寧に教えてくれます。まずは、作業の手本を披露。見つめる友人たちの表情も真剣です。

使うのは、先が鋭いピンセット。それで小布をつかみ、三角形に折り重ねます。

一見、簡単そうな作業ですが、少しでも折る中心がずれると、不揃いな花になってしまうそう。

折った布は、糊を敷いた板の上に並べます。

作業前には、弾んでいた会話もなく、ただ黙々と作業に集中します。


おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
<前の記事

<前の記事
第75回/限定品も!京都南座にできた「とらや」の新店舗、「京都四條南座店」…

次の記事>

次の記事>
第77回/「下鴨神社」のそばにできたジェラート専門店「友和堂」…

この連載の最新記事

2019年8月オープン、京都市内の三井ガーデンホテルの拠点「三井ガーデンホテル京都駅前」探訪

第79回/2019年8月オープン、京都市内の三井ガーデンホテルの拠点「三井ガーデンホテル京都駅前」探訪

ミシュランの手頃で美味しい料理店❝ビブグルマン❞、に輝く「グリル葵」

第78回/ミシュランの手頃で美味しい料理店❝ビブグルマン❞、に輝く「グリル葵」

「下鴨神社」のそばにできたジェラート専門店「友和堂」

第77回/「下鴨神社」のそばにできたジェラート専門店「友和堂」

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル