HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/180668/

リピーターも多い、つまみ細工体験「京都 おはりばこ」

小原誉子

小原誉子

「京都観光おもてなし大使」&旅ライター
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを経て、集英社「エクラ」などのライターに。
2011年より京都に在住。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

記事一覧を見る

最近の京都旅で人気は、名所旧跡の観光だけではなく、京都らしい伝統工芸の工房を訪ね、その技に触れる「体験型京都旅」です。

以前には「京からかみ体験」をお伝えしましたが、今回は、「つまみ細工体験」をご紹介します。

 

つまみ細工は、江戸時代に女性たちの間に流行した髪飾りの技法です。正方形の薄手の絹の小布を、三角形に折り重ね、小さな花びらを作ります。それを組み合わせ、桜、藤、菊などさまざまな花かんざしに…。京都では、舞妓さんの艶やかな髪飾りとして、四季折々の風情を醸し出しています。

 

訪れた「京都 おはりばこ」は、戦後間もなく、糸屋として創業。二代目から帯締めや髪飾りの製造をはじめ、現在の三代目店主の北井秀昌さんは、つまみ細工の若い職人の育成をも手掛けています。京都の北西「大徳寺」の東門のそばにあるモダンな雰囲気の店舗の奥に、趣を漂わす町家があり、そこでつまみ細工を体験します。

今回、京都に暮らす友人が、「つまみ細工体験」を予約。「孫の七五三のお祝いに花かんざしを作って、プレゼントしたい」というのにお伴しました。

大きなテーブルには、体験で作る愛らしい花かんざしの材料が並んでいます。7色のパステルカラーの絹の小布から、好きな色を組み合わせ、自分だけの花かんざしを作ります。

この日のご指導くださったのは、店主の北井さん。体験者には、ベテランの職人さんが、丁寧に教えてくれます。まずは、作業の手本を披露。見つめる友人たちの表情も真剣です。

使うのは、先が鋭いピンセット。それで小布をつかみ、三角形に折り重ねます。

一見、簡単そうな作業ですが、少しでも折る中心がずれると、不揃いな花になってしまうそう。

折った布は、糊を敷いた板の上に並べます。

作業前には、弾んでいた会話もなく、ただ黙々と作業に集中します。

6枚の花びらができたら、それを台紙に接着させながら、花を形づくります。最後に好みのヒラヒラ揺れる下がり飾りをつけて完成。

「つまみ細工体験」では、完成した花かんざしを、かんざしタイプかブローチにもなるクリップタイプにするかを選びます。

 

「わ~かわいい~。簡単な作業かと思ったけど、花びらの表情を作るのは、なかなか技が必要。う~奥が深い…また挑戦したい~」と友人。初めて作った花かんざしを嬉しそうに見つめます。

 

「つまみ細工体験」は、所要時間1時間半ほど。参加料は、ひとり3,000円(税別)。参加は、予約優先・席に空きがあれば、当日参加可能。基本的に2名以上の申し込みですが、他の方とご一緒でも…という場合、ひとりでも申し込めます。

 

実は、体験後、その製作の楽しさから、さらに技を学びたいと、「京都 おはりばこ」の教室に通い始める方も多いそう。上級者になると、より豪華な花かんざしやコサージュなどもできるようになるそう。

 

体験に参加できるのは、中学生以上で、修学旅行の生徒さんたちにも人気ですが、大人も十分楽しめる完成度が高い体験です。

 

以前、私のブログの主人公、ネコのミモロのために、小さな花かんざしを北井さんに作っていただきました。

1センチ四方の小布を巧みに折り、形づくったもので、実際に「つまみ細工体験」をすると、それがいかに熟練した技によるものかを痛感しました。

 

「お店に並ぶもの以外に、ご希望の花かんざしやコサージュなどもご注文いただけますよ」と北井さん。成人式や結婚式などのお祝いに、着物の色に合わせた花かんざしをプレゼントするのも素敵です。もちろん、自分の技を磨いて作るのもいいですが、間に合わない時は、ぜひオーダーを。

 

「人生の節目を飾るもの…」。そう女性にとってつまみ細工の花かんざしは、いくつになっても心ときめくものなのです。

 

 

京都 おはりばこ

京都市北区紫野下門前25

075‐495‐0119

営業時間 10:00~19:00 水曜休み

 

http://www.oharibako.com

 

 

 

小原誉子ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」

http://blog.goo.ne.jp/mimoron/


おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
<前の記事

<前の記事
第75回/限定品も!京都南座にできた「とらや」の新店舗、「京都四條南座店」…

次の記事>

次の記事>
第77回/「下鴨神社」のそばにできたジェラート専門店「友和堂」…

この連載の最新記事

おうちで楽しむ、京の味と物(51)美術館や観光名所が集まる京都岡崎エリアにオープンした大人の滞在にふさわしいホテル 「THE HOTEL HIGASHIYAMA by Kyoto Tokyu Hotel」

第141回/おうちで楽しむ、京の味と物(51)美術館や観光名所が集まる京都岡崎エリアにオープンした大人の滞在にふさわしいホテル 「THE HOTEL HIGASHIYAMA by Kyoto Tokyu Hotel」

おうちで楽しむ、京の味と物 ㊿日本初といわれる企業博物館「川島織物文化館」で見る「歴代川島甚兵衞の情熱がやどる織物のための屛風絵」展など

第140回/おうちで楽しむ、京の味と物 ㊿日本初といわれる企業博物館「川島織物文化館」で見る「歴代川島甚兵衞の情熱がやどる織物のための屛風絵」展など

おうちで楽しむ、京の味と物 ㊾京都御苑にオープンした老舗菓舗「笹屋伊織」の上質のお休み処 「SASAYAIORI+京都御苑」

第139回/おうちで楽しむ、京の味と物 ㊾京都御苑にオープンした老舗菓舗「笹屋伊織」の上質のお休み処 「SASAYAIORI+京都御苑」

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル