OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/186091/

京都から山梨まで、パワースポットへ1人ドライブ。

紫乃

紫乃

京都在住。食べる事が好き、特にパンやスイーツが大好きで、旅行へ行ってもメインは美味しいモノ巡りです。この春から下の子が大学生になり子育てもほぼ終了、セーブしていたおでかけを再開します! 住んでいる京都を中心に、関西の美味しいモノや楽しい事巡りをお届けします。

記事一覧を見る

少し前の事になりますが、山梨まで1人でドライブ旅へ行ってきました。

大叔母が山梨でひとり暮らしをしておりまして。
数年前から、いつでも遊びにおいでね、と誘ってくれていたのです。
行く行く!と言いながらもなかなか行くタイミングがなかったのですが、いつまでも大叔母が元気でいるとは限りません。
夏休み前の空いてる時がいいかな、と思い切って行ってきました。

家事を済ませて家を出たのが10時半。
そこから高速に乗って4ヶ所ほどSAに寄り、足湯で休憩なんかもしつつ、大叔母宅に着いたのが17時過ぎ。
噂通り、静岡長ーい!
実は京都から東にはあまり縁がなく、山梨も今回初めて。
知らない道をドキドキしながら運転するのは結構ハードでした。

大叔母の家に着いて早速、行きたかった
「北口本宮冨士浅間神社」へ。
最強のパワースポットと聞いていたので是非訪れてみたかったのです。

厳かな雰囲気の中、静かに鳥居をくぐります。
もう夕方なので人もまばら。
いいタイミングで来れました。

手水舎で手と口を清め、本殿にお参りします。
長時間座りっぱなしで固まっていた身体も程よくほどけて、きれいな空気の中を散策しました。

立派な御神木や、朱色の富士山の形をした御神輿もありました。
奥には富士山への登山口もあり、行きたいような、怖いような。
あの向こうに知らない世界があるのだなぁとドキドキしました。

さて次の日。
大叔母は私が来るのをとても楽しみにしてくれて、連れて行きたい場所をピックアップしてくれていました。
それが私の興味ある所とピッタリ。
まずは富岳風穴です。

このきれいな緑を進んで行くと風穴があると。
実は洞窟や鍾乳洞が大好き!
なんだかワクワクしませんか?
気温が一定なので夏涼しく冬暖かい所ももちろん、冒険気分になれるのも心踊ります。

せっかくなので無料貸し出しのヘルメットを被り、探検隊気分で。
胸が高まります。
風穴の入り口を降りていくと…

中は幻想的な世界でひんやり。
というか、寒いくらい!
ポタリポタリと雫が落ちてくるのですがヘルメットのお陰で濡れませんでした。
奥には蚕や種子を貯蔵する為の天然の冷蔵庫も。
平坦な洞窟なので歩きやすかったです。

次は河口湖へ。
ラベンダーが沢山咲いていて良い香り。
ただ、雨が結構降ってきたのでサクッと見るくらいにしました。
晴れてたらキレイだったろうなぁ…

まだまだ身体がガチガチだったので、日帰り温泉でゆっくりして、最終日に備えます。

3日目は忍野八海へ。
前日に調べたところ、外国人観光客の方がとても多いと。
いやいや、京都ほどではないやろーと思いながら行ってみたら…いっぱいいらっしゃる!
ほぼアジア系の方々でした。
そんなに何が魅力的なのか、と思っていたのですが…

ひゃー!
とても水が透き通って、しかも綺麗な色。
こりゃ皆んな見たくなるわ!
私も負けじと撮影タイム。
海外からの若い人はとても写真撮るのが上手なので、彼らを見ながらベストポジションを探しました。

実はずっと曇り空だったので富士山が全く見えずじまい。
私は富士山というより、
大叔母に会いに1人で車で行く!
というのが目的だったので今回は見れなくてもいいか〜なんて思っていたのですが、大叔母はせっかくなので富士山を見せたい!と。
彼女は富士山に惚れ込んで東京から山梨に移住、富士山の絵を描いて暮らしていたのです。

その気持ちが通じてか、だいぶ雲がかかってますが最後に富士山が!

関西に住んでいると富士山は身近な山ではなく、その凄さもわかってなかったのですが、やっぱり全然迫力が違いますね!
見たくなるし登りたくなる訳だ。
近いうちにまた来よう!
そう思って帰路につきました。

片道380㎞、3日間の総走行距離870㎞!
いつもとは違う旅でしたが、なかなか面白かったです。
次はもうちょっと走行距離のばしてもいいかも。
また行った事のない所へチャレンジしてみようっと!

北口本宮冨士浅間神社

富岳風穴

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#中部 #山梨 #寺社

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル