HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/190910/

歯にモノがはさまる、を放置してはいけない理由は?

川上 直美

川上 直美

おでかけ女史組花王チームメンバー。ビューティケアPRを担当。ヘアケアのマーケティング担当時代に、商品開発やトップスタイリストと共同で、多くのスタイリングを提案。美肌を目指して頑張っています。

皆さん、こんにちは。花王PRの川上です。

OurAgeの読者様の中には「食べ物が歯にはさまる!」というお悩みがある方も少なくないのではないでしょうか。おでかけ女史組OGのkoukoさん(写真左)もそのひとり。

kouko:50歳を過ぎたくらいから、ゴマとかいちごの種とか粒状のものがはさまるようになって、今はもう50代後半ですが、ご飯でもうどんでもパスタでも何でもはさまるようになってしまいました。

川上:加齢とともに歯ぐきがおとろえて下がってくると、歯と歯の間にすき間ができて、そこに食べ物がはさまるんです。それは、「歯肉炎や歯槽膿漏の予防を始めましょう」というサインかもしれません。

kouko:え~、そうなんですか。外食をするときなどは食後に舌を使ってつまったものをなんとか取ろうとしたり、トイレに行って歯を磨いたり、毎回四苦八苦しています。歯ブラシは常に携帯するようになりました。

ネギやえのき、鶏肉、ナッツなど、50代の「歯にはさまりやすい! あるある食材」

川上:外食のたびにそれでは、ストレスを感じますよね。ご自宅ではどのようにケアされていますか?

kouko:しっかり歯磨きした上に、歯間ブラシを2サイズ使って頑張っています。

川上:歯間ブラシもお使いなのですね。丁寧に歯を磨かれているので、koukoさんはキレイな歯をされていますね。ですが、油断は禁物。先ほどもお話したように、はさまりの原因は歯ぐきのおとろえのサインかも。歯だけではなく、歯ぐきのケアもおすすめします。

kouko:40代の頃に歯の矯正をしていて、その時に診てもらっていた歯医者さんに歯の磨き方を習ったので、しっかり磨けているとは思ってたんですが……。歯ぐきのおとろえはまた別のケアが必要なんですね。

川上:そうなんです。歯ぐきのケアは今のうちから意識するといいですよ。大切なのは歯周ポケットと呼ばれる歯と歯ぐきのすき間のケア。歯磨きが正しくできていないと、歯周ポケットに細菌を含む汚れが溜まっていき、歯ぐき内部で炎症を起こしやすくなってしまいます。

kouko:そういえば、夫が先日、歯を磨いていたら「歯ぐきから血がでてきた」といって、慌てて歯医者に行っていました。歯周ポケットの汚れを取って、きれいにしてもらったみたらよくなったようですけど。

川上:それはご心配ですね。そうなる前に歯ぐきケアができるハミガキをおすすめします。また、大人になると、歯ぐきの他にも歯の黄ばみなど、複数の悩みが出てくる人も増えてきます。特に女性は白い歯でいたいと願う人は多いですね。ご家族みんなで同じハミガキを使っていらっしゃる方もいますが、やはりお口の悩みに合ったハミガキで、ケアをすることが大切です。

kouko:そうですね。「8020(80歳で20本以上の歯)」を目指してしっかりケアしたいと思います。



「歯ぐき」だけじゃない「歯」の白さも気になる方に。薬用ハミガキの有効成分も味方につけて、歯ぐきケアを始めましょう。

ディープクリーン薬用ハミガキ つや美白【医薬部外品】100g
歯周ポケットが深くなるのを抑える作用のBGA(*1)、歯ぐきの血行を促進するビタミンE(*2)を配合し、歯槽膿漏を防ぐ。歯ぐきのための薬用ハミガキ。ホワイトクリア処方で、歯ぐき由来の汚れによる歯の黄ばみまで除去し、つやのある白い歯へ。ロイヤルハーブの香味。

*1 β-グリチルレチン酸
*2 酢酸DL⁻α-トコフェロール

ディープクリーン薬用ハミガキ つや美白をもっと知りたい

 

撮影/山田英博 ヘアメイク/木村三喜 構成/島田ゆかり 撮影協力/UTUWA

ご購入はこちらから

 


おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
<前の記事

<前の記事
第32回/ちょっと歯がしみる……実は、今のケアが知覚過敏の原因に!?…

次の記事>

次の記事>
第34回/次回のサロン予約までしのげる! 白髪の「つなぎ染め」って?…

この連載の最新記事

【動画】身近な事からSDGsに貢献しませんか? 今、「つめかえ」が進化しています。

第63回/【動画】身近な事からSDGsに貢献しませんか? 今、「つめかえ」が進化しています。

猛暑が続く今年の夏の「#冷テク」はコレ。マイナス3度が気持ちいい!

第62回/猛暑が続く今年の夏の「#冷テク」はコレ。マイナス3度が気持ちいい!

夏のおでかけがぐっと快適になる。「汗でべたつく頭をさっぱりしたい!」が叶うドライシャンプーのススメ

第61回/夏のおでかけがぐっと快適になる。「汗でべたつく頭をさっぱりしたい!」が叶うドライシャンプーのススメ

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル