OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/193053/

ARS CAFE、マヒナアンドサンズ…ハワイのパンを食べ歩く

elel(OG)

elel(OG)

(エルエル) 札幌で夫とふたり暮らし。金融関係で働いています。パンを作るのも食べるのも大好きで、小麦大国北海道の美味しいパンを探し歩いています。北海道は食材そのものが美味しい土地。見所も沢山あります。北から発信するおでかけをご紹介します。旅行とヨガがストレス解消法。

記事一覧を見る

おでかけ女史組での最初のブログが「ハワイで本当に美味しいパン」でした。
あれから、2年ほどハワイに行けなかったのですが、その間にハワイのパン事情が変わってきている気がします。
パンの流行も、ひと昔前はシナモンロール、ちょっと前ならマラサダやパンケーキといった甘いものが多かったのですが、最近はヘルシーになってきているという印象です。

 

では、そんなハワイのパンを食べ歩きます。

まずは、朝ごパンから。
お散歩もかねてワイキキを少し離れます。
ダイヤモンドヘッドの麓近く、モンサラット通りはまさに朝ごはんロード。
アサイーや、パンケーキで行列している人気カフェをスルーして向かったのは「ARS CAFE」アースカフェ。


アートギャラリーとカフェが一緒になっていて、外観も中も素敵!
ドリップコーヒーが評判なのですが、お目当てはアボカドトースト。

食パンの上にはアボカド、バジル、バジルペースト、フェタチーズ、ビーツ。チリペッパーがかかってます。
トーストをフォークとナイフで食べるのって、何だか特別な感じがして好きです。
ポーチドエッグをトッピングしてもらいました。半分食べた所で黄身を割って味変します。


サラダもたっぷり。
この組み合わせで美味しくないわけないです。ふんわりパンにぎっしりアボカド。
先に発表すると今回のNo.1です。

 

行く前に写真で見たものより、アボカドペーストをこぼれんばかりにたっぷり塗ってくれてます。どこを食べてもアボカドがたくさんついてて大満足! 丁寧にドリップしているコーヒーも風味が深くて美味しかったです。

前回のNo.1は「マヒナアンドサンズ」のアボカドトーストでした。
実は、この時マヒナアンドサンズはまだ朝食メニューを始めたばかりで、メニューも少なく品切れもあったり…。
なので、あまり期待せず頼んだアボカドトーストが予想以上に美味しかったにも関わらず、自分の記録用としてスマホに1枚だけしか収めておらず…。そんな写真をアップせざるを得なかった前回が余りに無念でして。改めて行って来ました。


プールサイドのオープンエアでいただく朝食。ワイキキど真中とは思えないほど落ち着いた雰囲気。
もちろんアボカドトーストを注文。


アースカフェのと見た目は似ていても、味が全然違います。
野菜山盛り、アボカドはおろかパンすら見えません。こちらにも、ポーチドエッグをトッピングにお願いしました。
全粒粉パンなのは同じですが、前とはちょっと違う感じ。焼き加減かもしれませんが、前より歯ごたえがあります。
こちらは、トマトジャム、アボカドペーストの上に野菜とスパイスをトッピング。野菜の量は前回より増量してます。


遠目だとほぼサラダです。

 

のんびりムードの店内は、まったり過ごすにぴったり。
Wi-Fiも繋がるので今日どこに行く?なんてスマホ片手に予定を決めたり出来ます。

 

ディナーを食べに行ったのは「BASALT」バサルト。
レストランの横にはベーカリーもあります。
ここでは、ステーキをいただいたのですが、食べ過ぎ調整のため、あえて炭水化物抜きで注文していたはずが「こちらサービスのパンです」と運ばれてきたのが


炭の入ったパン。真っ黒です。


バサルトは、炭を使った黒いパンケーキで知っていたのですが、パンもあったんですね。
あまりにもウェイトレスさんが満面の笑顔で「当店オリジナルで、炭が入ってるんですよ!食べてみて、どうぞどうぞ」(日本語にするとこんな感じ)て言うんで糖質制限解除。ありがたくいただきます。割っても本当に真っ黒。

 

ほんのり甘くてバターを塗るとバターの塩気が強調されて美味しい。特に炭の感じはないです。炭は、チャコールクレンズダイエットがあるように、気持ち解毒されるのかなぁと思いつつ完食。それを見たウェイトレスさん、すかさずおかわりどうぞともう一皿くれました。糖質制限失敗するほど美味しかったです。

 

ヘルシーではないのですが、日本人に人気のハンバーガーもご紹介を。
「ウルフギャングステーキハウス」
ディナーで行ったことはあるのですが、なかなかのワイキキ価格。
ランチだとお手頃価格で本格ステーキハウスのハンバーガーが食べられます。

やっぱりアメリカサイズなんですね。
パン好きは、バンズのみ最初に食べます。
甘めです。多分甘い方がお肉を引き立てるのかも。


組み立て後がこちら。断面はガタガタで、すみません。
さすがお肉がジューシーです。高級なお肉食べたなという満足感があります。
ステーキ屋さんのハンバーガーは、やっぱりお肉が美味しいです。

 

日本でも、じわじわキテると言われているアボカドトーストを、東京で見たのですが、ビジュアルがちよっと違う。
ワクワク感が足りない気がするのです。

 

ハワイやNYで流行しているパンが日本に来るパターンで、本格アボカドトーストの到着お待ちしてます。

 

ARSCAFE

マヒナアンドサンズ

バサルト

ウルフギャングステーキハウス

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#海外 #ハワイ #食べる

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル