OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/208721/

食品保存法と調味料作りにハマりました。少しの手間で毎日のおうちごはんを楽に

elel

elel

(エルエル) 札幌で夫とふたり暮らし。金融関係で働いています。パンを作るのも食べるのも大好きで、小麦大国北海道の美味しいパンを探し歩いています。北海道は食材そのものが美味しい土地。見所も沢山あります。北から発信するおでかけをご紹介します。旅行とヨガがストレス解消法。

記事一覧を見る

リモートワークで、ご自身やご家族が一日中家にいると、3食の食事の支度が大変だと思います。私も夫もリモートワークではないのですが、その代わりお弁当が必要。
このご時世、気軽に外食に行けない。
仕事で疲れて帰ってきても、ちゃんとしたご飯を作りたい。

 

そこで、毎日を乗りきるためにやっているのが、食材の下処理。
休みの日の時間をちょっとだけ使って平日はラクする。
最近休みの日はこもりきりなので好都合。
料理の本や雑誌が好きで、以前から色々な方法を調べたり、自分なりに試してきました。

買ってきた食材を全て並べて、冷蔵庫に入れる前に下処理をします。

 

整理整頓が苦手なので、そのまま冷蔵庫に突っ込むと後で大変な事に。
売っている状態の袋に入れたままの方が日持ちするもの、冷凍出来るもの、下味をつけるものに分けて保存。

 

今日買ってきたものは

 

小松菜→刻んで冷凍。汁物に凍ったまま
使用。 半分は荒く切って冷蔵へ。
人参→キャロットラペ。残りは乱切り。
ラップに包んで炊飯器でお米を炊く
時、一緒に入れレモンと塩で和える
カボチャ→ソテー、煮物、味噌汁用に分
分けてカット。

 

それぞれ、種、根っこなどは捨てずにとっておきます。

キノコ類は一気に刻んで冷凍保存。旨味が増します。冷蔵庫を買うとき、電気屋さんで教えてもらいました。
調理保存したら水分が出てきて味が落ちたのでやめました。

 

下味保存するのに最近使っているのが「万能醤油」

醤油、みりん、酒、生姜、にんにく、柚子茶、鰹節と昆布出汁をとって入れてます。

韓国の女優さんが作っていて、材料は公開されていたのですが、分量がわからない。
韓国のテレビなので、字幕足りない…。
材料を変えてみたり、味をみながら何とか作ってみました。完全再現ではありません。
これを作りたかったのは、真似したかったレシピが

 

万能醤油に卵黄を一晩漬け込み熟成させる。(今回はお試しなので一個だけ)
ご飯にバターを乗せ、漬け込んだ卵黄を乗っけてさらに万能醤油を足らす。
究極の卵かけご飯です。味見用に少し食べたら止まらない。

万能醤油は本当に万能で、最初に下処理したカボチャを煮たり、煮卵、プルコギの下味に使います。


他に、えごま油と混ぜてドレッシングや、めんつゆとしても使えます。

鶏肉には塩麹と万能醤油を揉みこんで冷凍。
解凍するときに味が染みるようにします。
唐揚げ、油淋鶏、ハニーマスタードチキンのどれかにする予定。

ひき肉はパン粉、マヨネーズをポリ袋でもんだ状態で保存。ミートボール用。
キャベツ、ねぎは2、3回分を刻んで、他の野菜は洗ってから保存。
それぞれ、冷蔵、冷凍へ。

今までとっておいた野菜の根っこ、種、石づき等の出番。

水、白ワイン、塩を加えベジタブルブロスに。
皮や根の方が栄養があるのに、今まで捨てていたのがもったいない。
以前作った時、水だけで煮て、あまり美味しくなかったのでやめたのですが、友達のインスタを見て再挑戦。
アルコールを入れると臭みがとれて風味が増します。
出来上がりはこんな感じに。

コンソメスープのようになります。
本日のパン、新作の新玉ねぎのオニオンロールの横に添えたスープとチキンカチャトーラに使用。パンは、焼きたてが冷めた時点で冷凍して保存しています。

さらにブロスを札幌名物スープカレーにします。
食べに行けないなら、作っちゃおうということで。

何度か作っているのですが、ブロスを入れると深みが出て、調味料が少なくて済みます。
最近は、ブロスを作るために、野菜クズを必死に集めてます。

 

おかずの作りおきをしていた時期もありましたが、日にちが経つと味が落ちるので、火を通す直前までをやってます。

 

これなら、焼くだけ、煮るだけなので、気分が乗らない日や、頭痛がする日も何とか乗り切れてます。

 

少しだけ手間をかけてあげれば、毎日のご飯作りがぐんとラクになります。
こんな時こそ、ご飯はちゃんと食べて元気で過ごすのが1番なのかなと思っています。


おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル