OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/209101/

おうちで楽しむ、京の味と物⑨京の植物模様の晴雨兼用傘 「椿ラボ京都」

小原誉子

小原誉子

「京都観光おもてなし大使」&旅ライター
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを経て、集英社「エクラ」などのライターに。
2011年より京都に在住。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

記事一覧を見る

おうちで楽しむ、京の味と物           

全国的に緊急自粛宣言が解除されましたが、都道府県をまたぐ移動はまだ自粛が求められていますね。

「京都旅にはまだしばらく行けない!」と、がっかりなさっている京都好きのみなさんに、おうちにいながら京都気分に浸れる、『おうちで楽しむ 京の味と物』をご紹介しています。インターネットや電話などで、全国どこからでも注文できる品々です。

 

第9回

京の植物模様の晴雨兼用傘 「 椿ラボ京都」

 

緊急事態宣言が解除され、外出が緩和された日本。気づけば、桜の頃から、初夏の陽光が注ぐ時期に移り変わっていました。おうち時間が長かった暮らしのためか、いっそう外の陽射しが、まぶしく、また強く感じられます。

今年、特に注意したいのは、熱中症や日焼けによる肌の炎症だとか…。夏のマスク着用は、今まで経験したことがなく、マスクの紐のラインが顔に残ったらどうしよう…と、サンブロックローションなどでしっかりプロテクトしないと…でも、暑い…。

 

そこでやはり外出に欠かせないのは、日傘です。

今回ご紹介するのは、京都、三条烏丸エリアの古い洋館ビルにショップがある「椿ラボ京都」の品。店内は、花柄のファブリックで作られたブラウス、スカート、スカーフ、エプロン、トートバッグ、ポーチ、クッションなど、さまざまなアイテムが並び、まるでアートギャラリーのような楽しさが…。

ここの花柄のファブリックは、イラストレーターやグラフィックデザイナーの経験をもつkohaさんが描いたオリジナル。「鶏頭と野ぶどう」「野あざみ」などと名づけられた模様は、京都のさまざまな植物をテーマに、西洋の様式美を取り入れた独特の世界を展開しています。まさに洗練された大人の花柄です。

 

生地の美しい色は、京都の染色工場で熟練の職人さんにより捺染されたもの。京都の伝統のものづくりの優れた技が光ります。

 

 

さて、日傘というと、紫外線カットという機能性を重視し、黒やシルバーなどを最近の人気だそうですが、今年のように、気分が沈みがちのときは、ウキウキと心弾むような模様や色彩の日傘が欲しくなります。

日傘に用いられるファブリックは、ほかのファッションアイテムと同じ柄であっても、表面に、UVカット加工もしっかり。もちろん防撥水加工も施されているので、突然の雨にも対応できます。傘への加工は、京都の傘職人さんが、1本1本丁寧に仕上げたもので、天然木材による持ち手にも上質感が漂い、持った時のしっかりとした感覚に、その仕事の確かさを実感…。

価格は、長傘、折りたたみ傘共に2万円~と、傘としては高めですが、ほかにはないファブリックのデザインと京の職人さんたちの熟練した技からすると、1本は欲しくなってしまいます。

 

晴雨兼用傘ということは、曇りの日以外、ほとんど毎日のように外出に持っていくことになる夏。今年の外出は、いつもとは違った感じ…出かけることのうれしさがいっそう。お気に入りの花といっしょなら、楽しさもさらにアップするかもしれません。

 

同じ花柄のトートバッグやワンピースなどもあり、トータルなオシャレも可能です。

「椿ラボ京都」のオンラインショップには、さまざまな花柄の品々が揃います。

今年の夏のお出かけを、心弾むものにしてくれる品々です。

 

 

椿ラボ京都

京都市中京区三条通烏丸西入ル御倉町79文椿ビルヂング1階

☎075-231-5858

営業時間:11:00~20:00  火曜休み

椿ラボ京都ホームページ

 

 

 

小原誉子のブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」

http://blog.goo.ne.jp/mimoron

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#近畿 #京都

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
<前の記事

<前の記事
第93回/おうちで楽しむ、京の味と物⑧京の夏の銘菓「オレンジゼリー」 「京都寺町 村上開新堂」…

次の記事>

次の記事>
第95回/おうちで楽しむ、京の味と物⑩京都人の食卓を彩る、「京都 魚輝」の「干物」と「西京漬」  …

この連載の最新記事

おうちで楽しむ、京の味と物 ㉝やさしい味わいがファンを魅了する「じゃこ山椒」ー 「しののめ寺町」

第123回/おうちで楽しむ、京の味と物 ㉝やさしい味わいがファンを魅了する「じゃこ山椒」ー 「しののめ寺町」

おうちで楽しむ、京の味と物 ㉜アイディア次第でいろいろ楽しめる唐紙づくりキット「キラレ Kira Let’s」  「唐丸」(京からかみ丸二)

第122回/おうちで楽しむ、京の味と物 ㉜アイディア次第でいろいろ楽しめる唐紙づくりキット「キラレ Kira Let’s」 「唐丸」(京からかみ丸二)

おうちで楽しむ、京の味と物 ㉛下鴨神社そばのジェラート専門店  「友和堂」の味をおうちで

第121回/おうちで楽しむ、京の味と物 ㉛下鴨神社そばのジェラート専門店 「友和堂」の味をおうちで

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル