OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/210405/

おうちで楽しむ、京の味と物⑪上品な茶人好みの和菓子 「百万遍 かぎや政秋」

小原誉子

小原誉子

「京都観光おもてなし大使」&旅ライター
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを経て、集英社「エクラ」などのライターに。
2011年より京都に在住。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

記事一覧を見る

おうちで楽しむ、京の味と物           

全国的に緊急自粛宣言が解除されましたが、都道府県をまたぐ移動はまだ自粛が求められていますね。

「京都旅にはまだしばらく行けない!」と、がっかりなさっている京都好きのみなさんに、おうちにいながら京都気分に浸れる、『おうちで楽しむ 京の味と物』をご紹介しています。インターネットや電話などで、全国どこからでも注文できる品々です。

 

第11回

上品な茶人好みの和菓子 「百万遍 かぎや政秋」

 

京都大学のそば百万遍交差点の南西にある和菓子店「百万遍 かぎや政秋」を初めて訪れたのは、今年の春のことでした。和菓子に詳しい京都に住む友人が「贈り物にするのに、喜ばれる品」と太鼓判を押すのが、ここの品。実は、何度も前を通りながら、一度も訪れたことがなかった私…友人に連れられ店内に入るなり、その落ち着いた雰囲気に心惹かれます。

そもそもこの店のルーツは、元禄9年(1696)に寺町二条に創業した「鎰屋延秋」。大正9年に分家し、東山安井で店を構え、現在の場所には、昭和5年に移転したそう。

 

店内の螺鈿の菓子入れ、また店の外の「益壽糖」の看板などが、その歴史を静かに物語ります。

 

 

さて、店内の菓子ケースを見てゆくと、気づくのは、多くの菓子のサイズが、小ぶりであること。しかし小さいながら、凛とした佇まい…なんとも品格を漂わせる姿です。

 

さて、まずご紹介したいのは、本家から継承した味で、つぶ餡を延ばし、丁寧に焼き上げた「ときわ木」(9個入 1,080円~ 賞味期限15日)、また粟羊羹をきな粉でまぶした「黄檗(おうばく)」(16枚入 464円~ 賞味期限6~9月は4日、10~5月は5日)。いずれも何代にもわたり、京都人の贔屓が絶えない銘菓です。

「この黄檗のパッケージ素敵でしょ!もちろん、すごく美味しいの~黒蜜掛けてもいいのよ」という友人。なるほど、ぜひ味わってみたくなる姿です。

 

また、店の前の看板に記された「益壽糖(えきじゅとう)」(9個入 1,150円~ 賞味期限6~9月は4日、10~5月は6日)は、ニッキの香りが芳しいクルミ入りの求肥餅。ニッキ好きには、たまらない一品。

 

そして、地中海アーモンドに魅了された店主が考案した「野菊」(15個入 680円~ 賞味期限15日)は、アーモンドの風味豊かな野菊の形の落雁。口の中に穏やかな甘みが広がります。

 

京大の近くということから名づけられた「学び餅」(6個入 1,080円~ 賞味期限5日)は、こし餡を餅羊羹で包み、氷餅をまぶした優しい甘さ。「これ食べながら勉強すると、はかどりそうね~」と思わず…。

 

どの菓子も、ひと口で味わえる大きさがなんとも魅力的。お茶会などで、女性たちに好まれるのもわかります。和菓子でありながらコーヒーや紅茶との相性もよく、「ちょっと食べたい」と思う時に、気軽に楽しめるのがなんとも嬉しいこと。

 

「ご高齢の方への贈り物にも、この大きさのお菓子はとても喜ばれるのよ~」と、何度も贈答品として使っているという友人。この日も詰め合わせを購入しました。

本当に上品な姿の和菓子…茶人ならずとも、心惹かれてしまいます。

 

お取り寄せも可能で、電話やファックス メールで注文できます。注文後は、確認の連絡があり、支払いや配送方法などを相談してください。

 

百万遍 かぎや政秋

京都市左京区吉田泉殿町1番地、百万遍角

電話075-761-5311  FAX075-761-5313

9:00~18:00(土曜~17:00)

定休日:日曜

百万遍 かぎや政秋ホームページ 

 

 

小原誉子のブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」

http://blog.goo.ne.jp/mimoron

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#近畿 #京都 #食べる

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
<前の記事

<前の記事
第95回/おうちで楽しむ、京の味と物⑩京都人の食卓を彩る、「京都 魚輝」の「干物」と「西京漬」  …

次の記事>

次の記事>
第97回/おうちで楽しむ、京の味と物⑫東山生まれのデニッシュ食パン ⑫「京都祇園ボロニヤ」…

この連載の最新記事

おうちで楽しむ、京の味と物⑰エコバックとして人気上昇中のデザイン・色彩も豊富な風呂敷   京の風呂敷専門店「むす美 京都」

第102回/おうちで楽しむ、京の味と物⑰エコバックとして人気上昇中のデザイン・色彩も豊富な風呂敷  京の風呂敷専門店「むす美 京都」

おうちで楽しむ、京の味と物⑯旬の味を上品な甘さで楽しむ、一子相伝の技で生まれる金平糖 「緑寿庵清水」

第101回/おうちで楽しむ、京の味と物⑯旬の味を上品な甘さで楽しむ、一子相伝の技で生まれる金平糖 「緑寿庵清水」

おうちで楽しむ、京の味と物⑮評判の「タルトタタン」をクール便で全国配送 京都岡崎「ラ・ヴァチュール」

第100回/おうちで楽しむ、京の味と物⑮評判の「タルトタタン」をクール便で全国配送 京都岡崎「ラ・ヴァチュール」

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル