OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/212767/

おうちで楽しむ、京の味と物⑮評判の「タルトタタン」をクール便で全国配送 京都岡崎「ラ・ヴァチュール」

小原誉子

小原誉子

「京都観光おもてなし大使」&旅ライター
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを経て、集英社「エクラ」などのライターに。
2011年より京都に在住。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

記事一覧を見る

おうちで楽しむ、京の味と物 

          

全国的な移動自粛が解除され、観光地はにぎわいを取り戻しつつありますが、都道府県をまたぐ移動にはまだ十分な配慮が求められますね。

「京都旅はまだしばらくお預け」と、慎重派のみなさんに、おうちにいながら京都気分に浸れる、『おうちで楽しむ 京の味と物』をご紹介。インターネットや電話などで、全国どこからでも注文できる品々です。

 

 

第15回

人気の「タルトタタン」、クール便で全国配送が可能に

京都岡崎「ラ・ヴァチュール」

 

京都で「タルトタタン」と言えば、「平安神宮」の西側にある「ラ・ヴァチュール」。京都旅のリピーターなら、1度は訪れたことがあるのでは?この夏から、なんとその「タルトタタン」がクール便で全国配送が可能になりました。

そもそも「タルトタタン」は、フランスで生まれたリンゴの焼き菓子。19世紀後半に、ホテルを経営するタタン姉妹が、ある日、リンゴタルトを作ろうとして、うっかりリンゴを焦がしてしまいます。せっかくのリンゴを無駄にしたくなかったのでしょう、その焦げたリンゴの上にタルト生地をかぶせ、オーブンに入れ焼くことに。そして、焼き上がりをひっくり返すと、なんと想像を超えるタルトが出現。その香ばしい味は、思いもよらぬ美味しさ。多くの人を魅了し、ホテルの看板デザートとして評判になります。その評判がレストラン「マキシム」のオーナーに届き、その後「マキシム」の発展と共に、「タルトタタン」は、世界中に知られる焼き菓子になります。

 

 

さて京都で人気の「タルトタタン」のお話は、1971年、岡崎にフランス料理店「ラ・ヴァチュール」を始めた初代店主の松永ユリさん、辰夫さんご夫妻によって始まります。レストランのデザートとして「タルトタタン」を作り始めたユリさんは、2006年にフランスの伝統的なレシピを実践することを奨励する名誉ある組織のメンバーに認定され、ユリさんの「タルトタタン」は、フランスでも賞賛されることに。2015年、96歳で亡くなるまで、お店で腕を振るっていたユリさん。実は、そのお姿を、昔、拝見したこともあり、とても洒落た雰囲気の方だったことを、今も覚えています。

現在、ユリさんのレシピと情熱は、孫の麻耶さんがしっかり受け継ぎ、昔と変わらぬ味を今も、味わうことができるのは、本当にうれしいこと。

 

 

「ラ・ヴァチュール」の「タルトタタン」は、年間を通じ、青森産のフジとサンフジをメインに作られます。「収穫期の秋は、水分も多くさわやかな酸味が特徴で、春から夏のリンゴの貯蔵時期は、成熟が深まり、甘味が増してゆくんですよ~」と麻耶さん。

それぞれの時期のリンゴの美味しさを活かし、微妙に調整しながら、1年を通じ、本場伝統の味を作りだしているのです。その技こそが、ユリさんから受け継いだ宝物…。

生のリンゴから「タルトタタン」ができるまでには、4日間ほどかかるそう。店には、いつもここでしか味わえない「タルトタタン」を楽しみに、多くの人が訪れて、また持ち帰りをする人も後を絶ちません。

 

ここで「京都に行くと、いつも食べているのに、今は、なかなか行けなくて~」と、寂しく思う「タルトタタン」好きの方に朗報!

 

この夏から、インターネットを通じ、「タルトタタン」が注文でき、クール便での全国配送が可能になりました。

注文できるのは、15センチのホール(5,400円)で、冷凍状態でお届けします。冷蔵庫でゆっくり解凍すれば、お店と同じ味わいに…。詳しくは、オンラインショップをご覧ください。

 

しばらく京都に来れないという方も、ぜひおうちで京都の味を楽しんではいかがでしょ。

いつか安心して京都旅ができるのを思いながら…。

 

 

ラ・ヴァチュール

京都市左京区聖護院円頓美町47の5

☎075-751-0591

営業時間:11:00~17:30LO

月曜休み(不定休あり)

オンラインショップ

 

 

 

 

 

小原誉子のブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」

http://blog.goo.ne.jp/mimoron

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#近畿 #京都 #食べる

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
<前の記事

<前の記事
第99回/おうちで楽しむ、京の味と物⑭疫病退散を祈願する祇園祭の「厄除け粽」 「八坂神社」で郵送により授与…

次の記事>

次の記事>
第101回/おうちで楽しむ、京の味と物⑯旬の味を上品な甘さで楽しむ、一子相伝の技で生まれる金平糖 「緑寿庵清水」…

この連載の最新記事

おうちで楽しむ、京の味と物⑱季節の味を一口サイズの和菓子のようなお寿司で楽しむ  「花梓侘」のつまみ寿し

第103回/おうちで楽しむ、京の味と物⑱季節の味を一口サイズの和菓子のようなお寿司で楽しむ 「花梓侘」のつまみ寿し

おうちで楽しむ、京の味と物⑰エコバックとして人気上昇中のデザイン・色彩も豊富な風呂敷   京の風呂敷専門店「むす美 京都」

第102回/おうちで楽しむ、京の味と物⑰エコバックとして人気上昇中のデザイン・色彩も豊富な風呂敷  京の風呂敷専門店「むす美 京都」

おうちで楽しむ、京の味と物⑯旬の味を上品な甘さで楽しむ、一子相伝の技で生まれる金平糖 「緑寿庵清水」

第101回/おうちで楽しむ、京の味と物⑯旬の味を上品な甘さで楽しむ、一子相伝の技で生まれる金平糖 「緑寿庵清水」

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル