OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

http://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/216011/

モボ・モガの時代へタイムスリップ 東京都庭園美術館 年に一度の建物公開展へ

ユーユー

ユーユー

東京都在住。水辺の風景が好きで、休日に時間ができると関東近郊のベイエリアを探訪。美食とお酒とスポーツを愛しています。以前アメリカに住んでいたこともあり、日本の良さを再認識する温泉旅行にハマり中です。「大人を楽しませてくれる都会のオアシス」情報を中心に発信していきたいと思います。

記事一覧を見る

皆さん、こんにちは!お元気ですか?

久し振りの’ちょっと遠出’したおでかけレポートです。
時ならぬ「巣籠もり生活」の中、お茶をしに行ったり、図書館が開いていたり、という日々当たり前だったことのありがたさを痛感するとともに、「芸術に触れたい!」という欲求が募った人も多かったはず。

 

ユーユーも、アートへの「飢え」を満たすべく都内美術館情報をサーチ。すると、都会のオアシス「東京都庭園美術館」で、年に一度の建物公開展が開催されているではありませんか!

 

外出できるようになった喜びをかみしめながら、感染防止に配慮してGO!

 

庭園美術館は、もともと旧朝香宮邸として1933年に建てられたもの。当時フランスで全盛期だったアール・デコの様式を取り入れた、とてもモダンな建物です。

 

目黒駅から徒歩圏とは信じられないくらい、緑に囲まれたロケーションも素敵。

開催中の展覧会のテーマは、「建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションに見る1930年代」(9月27日まで)。

 

見所は、この期間だけに許される邸宅空間の再現展示です。普段は作品保護を目的に閉じられているカーテンが開け放たれ、光あふれる室内空間の中で、朝香宮邸当時の雰囲気を体験することができます。

 

ルネ・ラリックやアンリ・ラパン等、当時のフランスを代表する芸術家が室内装飾を手がけ、「宮内省内匠寮」という宮内省所管の部署が設計・建築を行なったそう。まさに西洋と東洋の匠の技の見事な融合ですね。当時のアール・デコ建築の様式美を見事な保存状態で見ることができ、1930年代にタイムスリップしたかのよう。


朝香宮妃がお使いになったと思われるブレスレットとハンカチは、その細工の精緻さと美しさに思わずため息が。


芸術を堪能した後は、美味しい食事があれば最高。敷地内には本格的なフレンチレストラン「Du Parc」があります。

店内は2面が総ガラス張りになっていて、まるで森の中でお食事をしているよう。テーブルもゆったりと配置されていて、ソーシャルディスタンスへの配慮が感じられます。


メニューは美術館の展示テーマに沿って替えられているそうで、盛り付けも素敵で目も舌も楽しめます。

写真は「マグロと茄子のミルフィーユ 庭園風」。

食後のお茶と共に供される小菓子には、パティシェ手作りのショコラも。

いかがでしたか?

 

久しぶりにアートに触れたいと思ったら、安全に充分配慮して美術館に出かけてみては?

今回の庭園美術館の建物公開展は9月27日までですが、敷地内の緑の中をお散歩するだけでも充分癒されますよ。

 

東京都庭園美術館 

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#関東 #東京23区内 #アート

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル