OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/238641/

走れなかったマラソンコースにかこつけて江の島へ

hijiri

hijiri

都内在住。家族の赴任に伴い、オランダに四年、香港に三年半住み、現地の会社で働いていたことも。”やらない後悔よりやる後悔”がモットー、興味を持ったらまずは行動! 最近のマイブームはランニングです。普段から着物を愛好し、自称普段着物研究家。そんな着物姿でぶらぶら、走りながらきょろきょろと見つけたおでかけ情報を発信していきます。

記事一覧を見る

まだまだおでかけしにくい日々が続いていますね。

そんなわけで、少しだけ前のおでかけネタでお許しください。

 

私の趣味の一つがランニングであることは時々このブログでも書いていますが、ご存じの通り、コロナ感染を防ぐためにほとんどのマラソン大会は昨年から中止になってしまっています。仕方ないとはいえ、私のようなへっぽこランナーにとっても寂しく感じることでした。

 

 

そんな中、昨年秋に、2021年3月に湘南国際マラソン大会を開催するというニュースが飛び込んできました。マラソン大会での感染の原因の一つには、給水所の混雑もあるといわれています。そのため、普段であれば紙コップで提供する水をやめ、ランナーがマイボトルを持って走るという初めてのスタイルになるとのこと。

 

そういう意味ではエポックメイキングな大会ですし、そもそも大会に飢えているランナーのこと、ものすごく話題になりました。エントリーも激しいクリック合戦になり、私も夜中の3時まで頑張る羽目になりました。眠かった・・・。

 

 

そこまでしてエントリーした大会ですが、先に結論をお話しすると、残念ながら中止になってしまいました。ちょうど二度目の緊急事態宣言の時期とも重なり、例えマイボトルというような工夫をしたとしても、安全に開催できないという判断になってしまったのです。

 

 

そんな残念な結果に終わった大会でしたが、中止が決まるまでやはり非常に楽しみでした。我が家は夫婦でエントリーしたので、二人でわくわくしてしまい、挙句の果てにコースの下見がてら江の島に行こう!ということになったのです。

© 2020 SHONAN INTERNATIONAL MARATHON.

 

ちなみに湘南国際のコースはこんな感じ。

江の島は久しぶり。

 

まずはお参りをします。こちらは江島神社の辺津宮。

知らなかったのですが、江の島の女神様は3人いらっしゃったのですね。
ジンクスを気にしていつも一番手前の神社にしか参拝していなかったので、今まで全く知りませんでした。

早くコロナが収束しますように!

中津宮にも参拝しました。
結構な坂道です。エスカーという乗り物が設置されている意味が分かりました。

展望台から海を眺めます。
暗くなってきたので奥津宮はタイムアップで断念。残念!

夜になったからといって、もちろんグルメは外せません。
夕飯に三色しらす丼をいただきました。
やっぱり産地は新鮮でおいしいです。

この日はまあまあの人出でしたが、今はどうなっているのでしょうか。
日常が戻ったら、次は島全体を探索しにまた来たいな。

 

江島神社

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#関東 #神奈川 #食べる #寺社 #スポーツ

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル