OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/242869/

撫で牛もしっかり消毒。商売繁盛、運気上昇を願って!

けいとりん

けいとりん

秋田県在住。映画と猫とスキンケアが大好き。学生の頃に部活で頑張っていた水泳をまた始め、自己管理の一環としながら、ゆったりと続けています。何年か前から始めたボイストレーニングの先生に伴奏をお願いし、たまにボーカルとして音楽活動も。20年来のパートナーが経営する、地元密着型居酒屋で働き、お休みにはお1人様、または友人とのおでかけを楽しんでいます。県内と、お隣の岩手県(知り合いが多数在住)など、私の秋田・東北ご近所旅をお楽しみいただけたら、と思います。

記事一覧を見る

時期的に初詣ではありませんが、なんて言うんでしょう? ともかく、行ってみたかった神社へ。

 

昨年10月、天皇陛下即位を記念して建てられた「牛島の撫で牛」に会いに、秋田県秋田市、牛島という地域にある三皇熊野神社・里宮(さんこうくまのじんじゃ・さとみや)へ。

 

曇りのち雨で、シャキッとしないお天気でしたが、住宅やお店、会社や医院などが建ち並ぶ中に現れた鳥居は、赤がいっそう鮮やかで目を惹きます。

 

中へ進むとそこに、地名である牛島の牛、そして今年の干支である丑、白御影石の台座に黒御影石の牛がどっしりと座ってました。

牛を囲んで十二支が刻まれた珠が並んでいます。撫で牛という名の通り、牛を撫でて祈願をするのですが、それぞれの願い事によって撫でかたが違います。

私の願い事は商売繁盛。こちらはまず自分の干支の珠を撫で、次に牛の脚を撫でたあと、巳の干支の珠を撫でる。さらに、一獲千金を願いたければ、牛の角を撫でる。

 

感染症予防のため、撫でる仕草でもよいとのこと。ちゃんと触って撫でたい場合は、置かれている消毒液でしっかり消毒してから。私は消毒して直に触り、もちろん角も撫でてきました!

 

奥へ進むと、手水舎にも消毒液が置かれ、手水のかわりにシュッシュッ。

さらに奥の社殿で参拝、振り鈴は撤去されています。

参拝の仕方をよく読み、ちょっと間違えながらもしっかり拝んできました。

神社へ行くと必ず買うおみくじ、今回は大吉!

交通安全のお守りと、お財布などに入れて持ち歩くお守りは、災難除け・運気上昇のものを。

今回は里宮だけでしたが、次の機会があれば本宮へも行ってみたい。創立年月日は不詳の三皇熊野神社ですが、延暦(えんりゃく)23年に坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が、祈願が成就したお礼に再建したと言われているそうです。

 

坂上田村麻呂というと、「朝ぼらけ……吉野の……」というような歌が百人一首にあったような?子孫の歌でしたか?記憶が曖昧ですが、小学生の頃に夢中になったことを思い出し、歳を重ねた今、また百人一首に触れてみたくなりました。

 

 

ちなみに、牛島という地名の由来は、諸説あるようですが、秋田藩の佐竹のお殿様が、昔々秋田入りした際、この土地に牛を放牧したという説があり、緑豊かな土地で草をはむ牛たちの姿を思い浮かべ、微笑ましく感じた私なのでした。

 

牛島の撫で牛と記念撮影をして、なんとなく「ありがとうございました」と呟いて帰ってきました。

神事に触れると、厳かな気持ちになり、ありがたいと感じるものですね。

サイトにはご由緒などが詳しく記されてますので、興味のある方、ぜひ読んでみてください。

 

三皇熊野神社

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#東北 #秋田 #寺社

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル