OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/25187/

上野の「鴎外荘」で十三夜お月見の夜

上野不忍池のほとり、森鴎外の旧居跡「鴎外荘」で開かれた「十三夜に日本料理をコースで味わう会」に行ってきました。澄んだ秋の夜空に浮かぶお月様を鑑賞し、懐石料理のコースに舌鼓、今まで経験したことのない優雅なお月見に心豊かな時間を過ごしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水月ホテルにある「鴎外荘」は、今から129年前に宮大工によって建てられ、森鴎外が新婚当時を過ごし、処女作の『舞姫』などを執筆した邸宅です。土蔵造りの「蔵」、文学サロンの趣を伝える「於母影」、そして和室「舞姫の間」があり、現在は特別な日のお食事やコンサートなどに利用されています。

会場は「舞姫の間」でしたが、少し早く着いたので当時の梁をそのまま活かしたお部屋「蔵」も見学させていただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

森鴎外が暮らした当時の面影を残す「舞姫の間」の中庭を臨む廊下には、お月見団子と栗、柿、里芋などのお供え物がお月様から見えるように飾られていました。お団子の数はもちろん13個です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

お月見のしつらえをしたのは、今回の会を企画したNPO法人食育研究会Mogu Moguのスタッフの方々です。いが栗をはじめ、都会でこれだけ立派な野菜や果物を手に入れるのは難しかったようで、ネットワークを駆使して集めた秋の収穫物たちが晴れやかに並んでいました。

 

 

「大人の食育」と銘打った今回のお月見の会、食事会に先立ってMogu Moguの代表の方から日本の伝統行事のお月見についてのお話がありました。十五夜と十三夜との関係など知っているようで知らないことばかり、お月見といえば満月とばかり思っていましたがそうではないって、ご存知でしたか。

 

懐石料理のスタートは、菊の葉で香りをつけた日本酒のスパークリングワインに菊の花びらを散らした食前酒から。

 

 

前菜「十三夜月見秋彩」が運ばれてきたとたん、手の込んだお料理の数々に感動の声があがります。かわいらしさで目を引くのが百合根の兎とジャガイモの揚げ物の杵です。グラスの中には卵の黄身のお月様。かぼちゃのお団子にチョコレートをコーティングした栗、稲穂に見立てた揚げ物など、素材本来の味を活かしつつ手間暇をかけて目にもおいしい料理に仕立てあげる料理人の業にすっかり引き込まれていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お料理に感動していると、

「7時2分、ちょうどお月様が真南に見えます」の声が。

 

 

廊下に出て空を見上げると、中庭の木々の葉の間からお月様がくっきりときれいに見えます! 上弦の月を太らせた満月前の形ということですが、光っているのでほぼ丸のように感じます。こんなに気合を入れてお月様を鑑賞するなんて何年振りというか、初めてかもしれません(笑)。

 

 

お席に戻って、運ばれてきた料理は「白菜の摺り流し」。満月に見立てた椀物です。見た目はシンプルですが、中には胡麻豆腐や蟹、松茸、大根、ニンジンなどが入っています。

 

 

月と菊をかたどった大根が飾られたお造里がでてきたところで、女将さんがお部屋にいらして、鴎外荘の建物や歴史やについて楽しく詳しくお話をしてくださいました。森鴎外も秋の宵、このお部屋から南の空を見上げてお月見をしたのだろうかと考えると、この空間と時間が一層贅沢なものに感じられます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

お料理は、「蕪蒸し」、「秋鮭包み根津焼き」、「里芋小煮上げ」、「牛フィレステーキ」と続きます。どのお料理も素材、見た目で秋を存分に楽しませてくれます。そして、出汁のしみじみした深い味わいが体にしみ込んでいきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

途中、女将さんからのサプライズでオーボエの生演奏奏のプレゼントも。

 

 

「松茸ごはん」が出てきたところで、今回のお月見の特別メニューを作ってくださった総料理長の大河原実氏が登場し、一品ずつの材料と作り方とこだわった点、さらに出汁の取り方、野菜の下味のつけ方などを丁寧に教えてくださいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

十五夜がすっきりしない夜空であるのに対して、十三夜は晴れることが多く「十三夜に曇りなし」と言われるそうですが、まさにお月見日和に恵まれ(会が開催されたのは十三夜の三日前でしたが)、ユネスコ無形文化遺産にも登録されている和食をいただく。日本人ならではの伝統や感性に触れた今回の食事会、お腹も心も満たされたお月見の宴でした。

 

 

 

◆水月ホテル 鴎外荘

http://www.ohgai.co.jp/

 

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#関東 #東京23区内 #上野 #食べる

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
今週のおでかけコンシェルジュ〜元気に遊ぶための知恵、伝授します〜 今週のおでかけコンシェルジュ〜元気に遊ぶための知恵、伝授します〜

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル