古都奈良の穴場紅葉スポット 前編:郊外に足をのばして

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

こんにちは。

寺社部長の吉田さらさです。

各地から選りすぐった寺社のお出かけ情報をお届けします。

 

さて、すっかり秋も深まり、

紅葉の便りも、あちこちから届くようになりました。

寺社と紅葉と言えば、まず京都を思いつきますが、このシーズン、有名どころは大混雑。

もっと優雅にしっとりと紅葉を楽しみたいなら、奈良の寺社に行くことをお勧めします。

 

と言っても、むろん奈良だって、東大寺や興福寺など

市内中心部の有名なお寺は混雑します。

そこで今回は、例年、比較的人出が少なめの郊外のお寺をご紹介。

何度めかの奈良旅の方は、ぜひ足を伸ばしてみてくださいね。

 

 

 

 

正暦寺(しょうりゃくじ)

奈良市東南の郊外の山間にあるお寺。

境内は自然に囲まれており、3000本を超える楓が山内にあります

それが順番に紅葉して行く様子はまるで錦のようで、

古来から「錦の里」と呼ばれてきました。

正暦寺

正暦寺・福寿院(重要文化財)から眺める見事な借景庭園

 

 

平成26年 11月2日(日)~12月7日(日)には、秘仏御開帳があります。

また、この時期には、完全予約制で、お昼に精進料理をいただくこともできます。

紅葉、秘仏、精進料理。まさにお寺の楽しみのフルコース。

この時期はJR・近鉄奈良駅から正暦寺行臨時バスも出るのが嬉しいですね。

 

詳しくはホームページをごらんください。

http://shoryakuji.jp/

 

 

 

弘仁寺(こうにんじ)

「隠れ寺」と呼びたくなるような、風情のある山間の寺。

紅葉も見事ですが、虚空蔵菩薩、四天王、子安観音像などの仏像も素晴らしい。 

弘仁寺

虚空蔵菩薩像などが祀られる本堂

 

弘仁寺2

静けさに包まれた風情ある山門

 

 

こちらのお寺には1日3組限定の宿坊もあります。

簡素なお部屋ですが、心癒される滞在ができそうです。

健脚な方や、古代史に興味のある方は、

ここに泊まって、日本最古の道、「山の辺のみち」を散策するのもお勧めです。

 

 

 

円成寺(えんじょうじ)

剣豪の里として知られる柳生にあり、

浄土式庭園の池に映り込む紅葉が世にも美しい。

円成寺

浄土式庭園の池と楼門(重要文化財)

 

 

こちらは文化財が多いことでも有名で、

とりわけ、多宝塔に祀られた大日如来像がよく知られています。

かの大仏師、運慶が20歳代のころに造ったもので、

若々しく端正なお姿が人気です。

 

本堂(阿弥陀堂)にも、平安時代から鎌倉時代にかけての傑作仏像が数々あります。

本尊を納めた厨子、極彩色で菩薩の絵が描かれた四本の柱など、

建物自体にも見どころがいっぱい。

時間をたっぷり取って拝観したいお寺です。

 

詳しくはホームページをごらんください。

http://www.enjyouji.jp/

 

 

 

以上は、奈良市中心部から少し足を伸ばした郊外のお寺ですが、

後編では、奈良公園周辺の、とっておきの場所をご紹介しましょう。

 

写真提供/奈良市観光協会

 

 

吉田さらさ 公式サイト

http://home.c01.itscom.net/sarasa/

個人Facebook
https://www.facebook.com/yoshidasarasa

イベントのお知らせFacebook

https://www.facebook.com/yoshidasarasa2

 

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


第4回
古都奈良の穴場紅葉スポット 前編:郊外に足をのばして

  • To Top