OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/257512/

スニーカー愛を語りたいと思います。

けいとりん

けいとりん

秋田県在住。映画と猫とスキンケアが大好き。学生の頃に部活で頑張っていた水泳をまた始め、自己管理の一環としながら、ゆったりと続けています。何年か前から始めたボイストレーニングの先生に伴奏をお願いし、たまにボーカルとして音楽活動も。20年来のパートナーが経営する、地元密着型居酒屋で働き、お休みにはお1人様、または友人とのおでかけを楽しんでいます。県内と、お隣の岩手県(知り合いが多数在住)など、私の秋田・東北ご近所旅をお楽しみいただけたら、と思います。

記事一覧を見る

みんな大好きスニーカー。

私も例外ではなく、「バ○の大足、マ○ケの小足」なんて、からかって言う俗説みたいなものがありますが、私はバ○の大足のほうで、スニーカーはユニセックスなアイテムですから、サイズの幅が広く、私にはとてもありがたいのです。

 

特に2年前、変形性股関節症の人工股関節置換術を受けてからというもの、パンプスやヒール高めのものを履くことがなくなり、夏もサンダルよりスニーカー派に。今夏はかなり暑かったけれど、足元は99%スニーカー。だからペディキュアもサボって楽しちゃいました。

メッシュ素材が使用されているものもありますから、真夏でも特にムレるということもなく、天然皮革・合成皮革のものでも、通気性の良い靴下を履けばムレは気になりませんでした。

 

いつでもどこでもスニーカー女史になったため、元々たくさんあったのがいつの間にかさらに増え、色違いで購入したものもけっこうあります。

 

↓下の写真のスリッポンタイプは、セールで4000円台で購入。お安く購入できて、大満足。デニム生地というのも好み。

大好きな白スニーカーを筆頭に、他のものも全てスニーカー用消しゴムと綿クロスでお手入れして、大事に履いてますが、いよいよ寿命だなというぐらい履き潰したら、また同じものを購入することが多いです。ほとんどが定番スニーカーですから。

 

サイズ感は、メーカー・ブランドによって違いますが、ここで前出のバ○の大足話しに戻ります。

 

私のサイズは、サンダルで26センチ〜26.5センチ、パンプスは26.5センチ〜27センチ、スニーカーだと27センチ〜27.5センチです。ナイキエアマックスシリーズに限っては、幅が狭めなので28センチなのです。

友人には驚かれ、自分でもビックリな大きすぎる足は、ちょっと恥ずかしいけれど、ちゃんと自分に合ったサイズを選ぶことは1番大事ですからね。

 

そしてお値段。安価・高価の感覚は人それぞれですが、私の感覚でモノと金額が見合わず、高額だなと感じると購買意欲が湧いてこないので、私が持っているものは通常価格・セール価格どちらにしても、だいたい5000円前後から15000円前後と、買いやすいものばかり。

 

とはいえ、20足以上に増えたスニーカーを見て、物欲を抑えることを決心し、スニーカーの他、バッグなども衝動買いはしない!今あるものを、もったいぶらずに惜しみなく、着たり履いたり持ったり、と、50をとっくに過ぎて今さらですが、意識を変えたところです

上、若い頃から履き潰しては買い替えている、コンバースのハイカット/ブラックと、下、最近1番のお気に入り、プーマのバスケットシューズ。皮革用の撥水スプレーをシューしているので、雨でも平気。

 

まだまだおでかけはしずらい状況ですから、ちょっとそこまでお買物や、近場でお散歩、近場でランチなんていうときも、スニーカー中心にスタイリングして、颯爽と外出したい。ワンマイルジュエリーもつけたり、秋に向けてのオシャレも楽しみです。

 


おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル