OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/263049/

バンクシーが東京にやってきた!「バンクシーって誰?展」へ

ユーユー

ユーユー

東京都在住。水辺の風景が好きで、休日に時間ができると関東近郊のベイエリアを探訪。美食とお酒とスポーツを愛しています。以前アメリカに住んでいたこともあり、日本の良さを再認識する温泉旅行にハマり中です。「大人を楽しませてくれる都会のオアシス」情報を中心に発信していきたいと思います。

記事一覧を見る

芸術の(そして食欲の)秋です。
いつか実物を見たいと思っていたグラフィティ・アート界の“異端児”、バンクシーの展示会が東京で開催中というではありませんか。バンクシーといえば、2018年、作品がザザビーズで1.5億円で落札されるや、額に仕込まれたシュレッダーで突如裁断され、世界中で話題となりましたね。その実像は明かされておらず(憶測は色々飛び交いますが)、代表的な作品の多くは実際に建物や橋のたもと、地下鉄などに描かれたもの。今回の「バンクシーって誰?展」では、それを街ごと映画セットのように再現し、個人所有のバンクシーのプリント作品も数多く展示されているという。。もちろん、おでかけ出動です!

 

場所は私も大好きな天王洲アイル。平日だったので比較的スムースに入場できましたが、土日は長蛇の列とのこと。

入場してすぐ、なるほど映画のセットのようにリアルな再現展示。バンクシーの世界に没入体験、というのも頷けます。意外なことに特定の場所を除いて撮影O Kでした。


空き缶や吸い殻も小道具の一つ。細かいところまでロンドンの街角を忠実に。

次の写真は有名な「Flower Thrower」。火炎瓶の代わりに「愛」の象徴である花束を投げる抗議者風の人物は、長年パレスチナ問題に関心を寄せていたバンクシーがイスラエルとパレスチナの紛争地帯で狙撃される危険を冒して描いたとされる作品。力強いメッセージが伝わってきます。

そして次の作品は。。あれ、超有名企業の創業者?バンクシーが難民キャンプに描いたこの絵と共に、「ジョブス氏はシリア難民の息子。その昔、彼の父親をアメリカが受け入れたから世界に名だたるアップル社ができた」という内容のメッセージも発表されたそうです。

「バンクシーって誰?展」では、ここに紹介し切れないほどのたくさんの心揺さぶる作品に出会うことができました。

 

最後に、この塀に描かれた一言が彼のメッセージを最も雄弁に語ってくれているような気がします。

バンクシーって誰?展

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#関東 #東京23区内 #アート

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル