HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/277295/

春爛漫クロード・モネをイメージした巨大ウォールアートが圧巻のアートダイニングバーへ。

佐保姫

佐保姫

都内在住。きもの学院 講師。きものサロンを主宰し、現代空間にマッチするファッションとしてのキモノを提案しています。また、ニッポンブランドマイスターとして商品開発も。“日本のモノづくりを知ることは、今の暮らしを見つめ直し、未来に繋がる”がモットー。全国のよきモノ、食を求めて旅した嗅覚で、面白いモノ・コト、おでかけをご紹介します。

記事一覧を見る

寒暖差ある毎日ですが季節はすっかり春に向かっています。気がつけばもう3月も半ば。

 

印象派画家クロード・モネをイメージした 巨大ウォールアートに約2,000 本の生花が飾られた花を体験できる新感覚のアートダイニング&バー「 MONE(モネ)」へ行ってきました。

 

場所は新宿三丁目、伊勢丹の真向い。

新宿にいながらにしてパリのモネ美術館を彷彿とさせる店内。

15m×2mの巨大ウォールアートは圧巻です。

 

ヨーロッパの自然の風景をイメージして巨大なキャンバスには筆だけでなく手を使って大胆にストロークを残しながら描かれた作品は、画家のMOE NOTSU氏作。まるで自分が絵の中に入り込めるような、その絵のストーリーの一部になれるような作品です。

 

クロード・モネは生前、自宅やアトリエの庭で様々な花を花を育てていたそうで・・まるでモネの自宅に招かれたような気分も味わう事ができました。

入店時に、お通しの代わりに飾られた花の中から好きな花を一輪選び、テーブルの花瓶に挿して眺めながら、飲食を楽しむことができます(1輪のサービスチャージ500円・税込)

チャージがお花って、新しい!

また、店内に飾られた花は1本500円から購入することができて、花言葉・花の本数の意味に合わせた花束をオーダーすることもできます。12本は「恋人になってください」、99本は「永遠の愛、ずっと好きだった」、108本は「結婚してください」など、本数により変わる花言葉に合わせて、花束アレンジを頼む事ができます。

 

店内を彩る花は、原宿のフローリスト「LORANS.」がセレクト。コロナ禍でも話題になった花の廃棄問題にも寄与するべくロスフラワーも多く活用し、環境にも配慮した店舗になっています。

目で見て楽しむだけでなく、花をモチーフとした彩り華やかな料 理やドリンクメニューも楽しむ事ができます。

MONE ブーケサラダは、花束ブーケに見立てた、彩り鮮やかで華やかなサラダ。

 

ベビーリーフ、菜の花、フリルレタス、サニーレタス、ラディッシ ュ、かぶ、スナップエンドウ、おくら、ズッキーニなど沢山の野菜が摂れるのが魅力。

シェフ自慢の黒毛和牛ハンバーグは肉本来の旨みが味わえました。

 

お誕生日やお祝いごとに合わせたメニュー、花束を組み合わせたメニ ューなどもあるので花束を臆せず渡せるシチュエーションは照れ屋な男性にとって救世主的場所かも!?

久々に友人に会えて嬉しかった。
(写真撮影の際のみマスクを外しています)

 

店内は花に包まれてとにかく華やか。私は花粉症なので屋外でのお花見がてきないけれど、ここでは安心してお花見気分を味わえました。

 

コロナ禍で、大切な人と距離ができてしまった人へ。伝えきれない思いを、一輪の花に添えて送りたい。そう思いました。

【MONE 】
@flowerwall_mone_shinjyuku

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#関東 #東京23区内 #食べる #アート #花・庭園

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル