年始めの福招き、『京都ゑびす神社』の「十日ゑびす大祭」

プロフィール写真

旅ライター&京のおもてなしリーダー
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを経て、集英社「エクラ」などのライターに。
3年前より京都に在住。京都検定2級。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

小原さんゑびすさん縁起物

 

新年を迎え、華やぐ京の町で、ぜひおでかけしたいのが、その年の福を招く「えびす祭」です。商人の町、京都では、このお祭りがとても盛んで、鯛を抱えたえびす様をお祀りする八坂神社の『北向蛭子社』や、粟田神社の『出世えびす祭』など、いろいろなえびす社で開催されるおめでたい祭事です。

 

小原さんゑびすさん看板小原さんゑびすさんお顔

なかでも特に大勢の人で、夜中まで賑わうのが、1月8日から12日に、祇園の南、大和大路通にある『京都ゑびす神社』で行われる「十日ゑびす大祭」。商売繁盛、家運隆昌、そして金運アップなどをお願いに、境内は、京都をはじめ、全国から参拝客でいっぱいに。神社に続く通りの両脇には、ズラリと夜店が並び、そのにぎやかなこと…。

小原さん ゑびすさん屋台

 

 

さて、この『京都ゑびす神社』は、東側にある建仁寺の建立にあたり、その鎮守として建てられたもので、起源は、なんと800年以上という歴史ある神社。西宮・大阪の今宮神社と並び「日本三大ゑびす」と称され、京都では「えべっさん」と親しみを込めて呼ばれます。

 

小原さんゑびすさん巫女さん

訪れた人は、境内で参拝した後、商売繁盛などを祈願した吉兆笹を求めます。それに宝船や福俵、小判や大判、鯛といった縁起物を結びつけ、家や店に飾るのが、京都でお商売する人の慣習。一般家庭でも、よく飾られています。「今年は、どれをつけようか…」。社務所の前に並ぶ種類豊富な可愛らしい縁起物…欲張って、全部つけたくなります。(でも、ひとつ500~1000円くらいするので、ほどほどに…)。

 

小原さんゑびすさん小槌

祭りの5日間の期間中、東映太秦撮影所の女優さんが江戸時代の芸妓姿で、松竹梅などで飾られた「宝恵かご社参」で参拝したり、祇園や宮川町の舞妓さんたちによる福笹や福餅を授与など、さまざまな催しがいっそう賑わいを誘います。

 

 

あ、そうそう…参拝の時、忘れてならないのは、本殿正面からだけでなく、建物の南側を叩いて、お詣りすること。というのは、えびす様は、なんでもご高齢なので、ちょっとお耳が遠いそう。ですから、壁を叩いて、えびす様を起こして、お願いごとをするのだとか…。七福神で、唯一、日本出身の神様と言われるえびす様。京都では、七福神めぐりも盛んです。

小原さんゑびすさん南側

日本経済がいっそう良くなるように…そして、みんなが幸せな1年を過ごせますよう…。境内は、笑顔と共に、おめでたさにあふれます。

「商売繁盛 笹もってこい!」ここに来ただけで、福をいただいたよう…そう思える『京都ゑびす神社』の「十日ゑびす大祭」です。

 

 

*「京都ゑびす神社」京都市東山区大和大路四条南 小松町125 ☎075-525-0005
交通/四条河原町交差点から徒歩10分

 

「十日ゑびす大祭」1月8日~12日
http://www.kyoto-ebisu.jp/

 

小原誉子 京都の観光と文化を案内するブログ〈ネコのミモロのJAPAN TRAVEL〉
http://blog.goo.ne.jp/mimoron/

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


第5回
年始めの福招き、『京都ゑびす神社』の「十日ゑびす大祭」

  • To Top