花に圧倒された「都会の中の楽園」

プロフィール写真

息子は独立、夫と二人暮らし。料理と食べ歩き、旅先ではおいしいお店と旬の食材を求めて道の駅は必ずチェックします。

世界らん展でのおでかけ女史組ayaさん

おでかけにはモノ、人とのちょっとした出会いと感動があります。
そんなワクワク気分をお届けできたらといいなぁ、と思っています。

 

今年も「世界らん展」に行ってきました!
行くのは、4回目になるかな…。毎年楽しみにしている恒例のイベントです。
サブタイトルには「都会の真中の楽園」とありますが、
会場内は、「蘭・ラン・らん」、そして、人・人・人でした。

世界らん展 都会の真中の楽園 沢山の花

まず、出迎えてくれたのは「どれほどのランが使われているの?」

というほどカラフルでボリュームのあるオーキッドツリー。
ボールのようにまとめられた胡蝶蘭を万華鏡のように見せる展示も印象的。

「きれい~」、その言葉しか出てきません。

世界らん展 展示の胡蝶蘭

一眼レフで蘭を撮影する体験コーナーにもチャレンジしてみました。
「蘭は、全体でなく一つの花だけを接写するのが上手に撮るコツ」と教わり、

一枚パシャ!

世界らん展 一眼レフでの撮影体験コーナー

最後にオーキッドマーケットに移動。花びらに筋の模様があるミディサイズの胡蝶蘭を

交渉の末、1000円引きでゲット! 育て方もしっかり教えてもらいましたよ。

お花は3ヶ月ぐらい楽しめて、上手に育てれば来年もお花が咲くとのこと、果たして…

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

写真

ハイキングやスポーツもいいけれど、インドア系のおでかけも楽しいことがいろいろありますね。映画や舞台、たまにはちょっぴり贅沢ランチなんかも。お稽古や習い事なども意外と多いようです。ちなみに私はパイプオルガンを習いに行きたい、と思案中です。
さて、せっかくのおでかけですから、きちんと素敵にドレスアップしておでかけしたいですよね。メイクはちょっとしたコツでぐんとあか抜けて、若々しく見えるのです。いつものメイクに“若見えアイテム”をプラスしてみませんか? プリマヴィスタディアの明るさアップ化粧下地<透明感アップ>は50代の黄ぐすみがちな肌色をカバーして透明感を高め、明るく滑らかに整えてくれます。そして、ファンデーションのもちもよくなって、小じわも目立たない仕上がりに。もうひとつ若見せのポイントはチーク。頬に赤みをプラスするだけで、印象がぐんと変わるのをご存知ですか? オーブクチュールのデザイニングパフチークはパフにそのまま写し取るようにとって、目の斜め下に置くだけで、ハイライトや赤みのグラデーションが簡単に完成するうれしいチーク。これなら迷うことなく使えますね。
そしてやっぱり、ヘアスタイルもばっちりきめたい!ドライヤーで乾かすだけでふんわりスタイルができるセグレタ シャンプー&コンディショナー ―ハリ・つやシリーズ―(2014年3月22日新発売)は、ふんわりつややかに仕上がる仕組みがあるのですよ。シャンプー後、細かい粒子が髪の毛に残って、乾燥しやすくばらけさせ、根元からしっかり乾かすことで髪が立ち上がりやすくなるのです。これで、おでかけの準備はバッチリですね。お食事に映画に観劇に、楽しい1日を!

 


この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
2014/03/06
花に圧倒された「都会の中の楽園」


  • To Top