大人もワンちゃんも!みんなで楽しめる豊洲エリア散策

プロフィール写真

外資系企業で働くアラフィフOL。片付け好きが高じて整理収納アドバイザー講師もしています。バレエ鑑賞や食べ歩き、インテリアショップめぐりに温泉旅行など、「行ってみたい!」と思ったら即行動するタイプ。都内在住4人家族+ねこ2匹。

はじめまして。koukoです。 子育てを卒業して自由な時間が増えました。これからはちょっと遠出も楽しめそうです。自然に囲まれた工房で陶芸体験などもしてみたいなと思っています。どうぞよろしくお願いします。

 

今回でかけたのは、オフィスからもほど近い豊洲フロント。銀座から6分の好立地にあり、2016年「築地市場」の移転、2020年「東京オリンピック」を控え開発目覚ましい注目のエリアです。

 

東京メトロ有楽町線、ゆりかもめ、都営バス、水上バスとアクセスの良さが魅力的な豊洲は、ハイセンスな高層マンションや高層ビルが建ち並んでいます。

 

「アーバンドック ららぽーと豊洲」には約180のショップ、レストランがあり、子どもが主役のキッザニア、犬と一緒に走り回れるドッグラン、海からの心地いい風を感じながらのお散歩も楽しめます。

写真2 (1024x768)

ららぽーと豊洲内にある水上バス発着所。「跳ね橋」を開閉しながら遊覧船が出入りする様子を間近で見ることができます。ここにはSF漫画家の大御所松本零士氏デザインの水上バス「ヒミコ」が入港します。「ティアドロップ」をイメージコンセプトに、「子供たちが乗ってみたいと思ってくれる船」としてデザインされた宇宙船のような船。なんと!ヒミコのためだけのオリジナル版で、999のキャラクター達が航海中の案内をしてくれるんですよ。

写真3 (1024x768)

天然芝が全面にはられたILIOのドッグランは、なだらかな起伏があり遊びごたえは十分。大型犬、小型犬エリアに分かれているので小さなワンちゃんも安心ですね。

写真4 (1024x768)

有料ドッグランに入らなくてもオープンエリアを散歩できるので、あちこちでかわいいワンちゃんと出会うことができます。この日は2匹のパグちゃんが挨拶をしてくれました。

写真5 (1024x661)

もちろん、ワンちゃんOKのカフェも充実。ドッグラン前にある「Les deux Bleue」は店内同伴OK。白いウッドの外観が、どことなくシーサイドな印象でお出かけ気分も盛り上がります。

写真6 (1024x768)

お昼はステーキ、グリルを中心にバーガーやピザなどがいただけるH.B.GRILLで。オシャレなビールサーバーにつられてまずはビアーをオーダー。「あー美味しい♪」

写真7 (1024x616)

ランチタイム限定「ローストビーフ丼」は、お肉がしっとり柔らかです。厚みもあって色はきれいなバラ色。タレも甘すぎず濃すぎず、お肉の旨みを損なわない味付けで絶品です。

写真8 (1024x616)

思わずレシピを聞くと、店長さんが親切に教えてくれました。「家で作るなら”市販のめんつゆ、ゴマドレッシング、バター、すりおろしりんご、すりおろしたまねぎ”これらをお好みのバランスでミックスするといいですよ」とのこと。これならおうちでも簡単にできそうですね。

写真9 (1024x768)

夜は7時になるとハワイアンミュージックのライブ演奏があり、軽くアルコールを飲みながら食事をするにはとてもムードのあるお店です。ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

 

ららぽーと

http://toyosu.lalaport.jp/

 

ILIO

http://www.ilio.jp/

 

 

 

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
2015/03/03
大人もワンちゃんも!みんなで楽しめる豊洲エリア散策


  • To Top