心やすらぐ空間で味わう紅茶の美味しさ「MISSLIM(ミスリム)」

プロフィール写真

旅ライター&京のおもてなしリーダー
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを経て、集英社「エクラ」などのライターに。
3年前より京都に在住。京都検定2級。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

心やすらぐ空間で味わう紅茶の美味しさ  「MISSLIM(ミスリム)」

 

今回は、京都の町歩きを楽しんだ後、ほっと寛げるお店をご紹介します。河原町通が、丸太町通と交差する手前にある「MISSLIM」というティープレイス。白い壁と四角い窓、ちょっと古びた木製のドアという西洋風の雰囲気が、印象的な洒落たお店です。
コーヒー店が多い京都の町にあって、美味しい紅茶が味わえる店は、それほど多くありません。

小原 ミシリム 外観

ここは、以前、有名紅茶専門店に勤めていた、京都生まれの浅井保幸さんが、5年前にオープンしたお店。紅茶を長らく扱った経験を活かし、地元京都ではじめた店は、国内外の選りすぐりの紅茶を揃え、京都の紅茶好きが贔屓にする人気店に。

 

 

浅井さんがこだわっているのは、紅茶の淹れ方。ヨーロッパでよく使われるコットンフィルターという布製の袋を使い、一杯一杯丁寧に淹れてくれます。ゆっくり茶葉の動きを注意深く見つつ、その美味しさを引き出しながらの手間のかかった淹れ方。「なので、多少お時間がかかります」と浅井さん。でも、待つ価値は十分。ポットに入った紅茶は、最初の美味しさそのままに、最後まで、味わい深く楽しめる味に…。

小原 ミスリム 2

「紅茶に合う焼き菓子も、知人に依頼し、作ってもらっているんです」と。スコーンや、フワフワのシフォンケーキや香ばしいアップルパイなど、紅茶の美味しさをいっそう感じさせるお菓子です。

 

そもそもこの店の建物は、築80年という町家。それを全面改装し、洒落た雰囲気に…。「英国のコロニアル風のイメージで造ったんです」と。

小原 ミスリム 1
白い壁、青と白のタイルの床、天井には、大きな扇風機が回っています。アンティーク調の家具や大きなソファー…微かに聞こえるBGMは、カーペンターズなどの時代の懐かしいポップス。「のんびり寛ぎながら、紅茶を味わっていただきたくて~」と浅井さん。

小原 ミスリム 4

あまりの居心地の良さに、つい長居をしてしまう…そんな素敵なお店です。

 

 

MISSLIM(ミスリム)

京都市上京区丸太町下ル伊勢屋町400

☎075-231-4688

営業時間:12:00~19:00LO

木曜・第1・3金曜休み
交通:地下鉄東西線「市役所前」から徒歩10分

 

 

小原誉子の京都の観光文化を伝えるブログ

「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」

http://blog.goo.ne.jp/mimoron

 

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


第10回
心やすらぐ空間で味わう紅茶の美味しさ「MISSLIM(ミスリム)」

  • To Top