春の兆しのアルカディア~ Bunkamura

プロフィール写真

子どもの頃から 好奇心旺盛。伝統文化・伝統芸能に魅了され、応援する気持ちで、観劇や美術館めぐりなどを楽しむ。文化的なお出かけもアクティブなお出かけもどちらも大好き。東京在住。

Bunkamura シャバンヌ展 パンフレットと花

 

啓蟄を迎えました。
生き物や植物が目覚め、活動を始めるときです。
お出かけにはますます良い季節が巡ってまいりますね。

駅の喧騒から離れた渋谷は、落ち着いた大人の雰囲気。
今年で25周年を迎えたBunkamura。
「シャバンヌ展」に行ってまいりました。

渋谷 Bunkamura 外観

シャバンヌ。
皆様はご存じでしょうか。

日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、
パリ市庁舎、パンテオン、マルセイユ美術館などに
素晴らしい壁画を残している
19世紀フランスを代表する国民的画家です。

ピカソやスーラ、黒田清輝などに
多大な影響を与えた画家としても
知られています。

Bunkamura入口 ディスプレイ
ザ・ミュージアムへ向かう途中、
Bunkamura入口の手前。
洗練されたディスプレイが目に入ってきました。

「新しいショップがオープンしたのかしら」と
近づいてみましたら、
パリで有名な花の魔術師・エルベ シャトランのブティックでした。
コンセプトは、〈花と器と水のハーモニー〉

 

Bunkamura エルベ シャトランのブティックエルベ シャトラン 東京ブティック

東京ブティックは昨年3月、Bunkamuraにオープン。
エルベ シャトラン氏は、3月16日より来日予定だそうです。
来日後のブティックのディスプレイが、とても楽しみです。

 

ブティック内はピンクやイエローなどの華やかなお花が増え、
すっかり春の装いです。

 

向かったザ・ミュージアムは、程よい混雑ぶり。
「大人のための美術館」にふさわしい
アルカディア(理想郷)の空間。

 

海を渡って集まった壁画の縮小版も
手を伸ばせば届くほどに近く、
ゆったりと作品に向き合う贅沢なお時間でした。

 

原田マハさん著「楽園のカンヴァス」でも紹介されている
「幻想」にも会えました。

 

皇后さまもご鑑賞なさった「シャバンヌ」展は、
3月9日まで開催中。

 

その後、3月20日から島根県立美術館に巡回。
素晴らしいビデオ映像
「壁画に描いた理想郷 シャヴァンヌの世界」
を制作した島根県立美術館でも、
また違ったアルカディアの世界が楽しめることと思います。

 

Bunkamuraの公式HPでは、
代表作の興味深い説明もありますし、
ビジュアルツアーも体験することができます。

 

入口でお会いしたエルベシャトランの可憐なスタッフの方が
「〈シャバンヌ展〉とコラボしてるので、またお帰りに寄ってくださいね」と
お声をかけてくださっていたので、再訪。

 

まあ、素敵♪
八重咲きチューリップをいただきました。

(一番上の写真)

 

ミュージアム鑑賞にふさわしいゆったり感。
お帰りにお花のプレゼントまでいただき、
まさに、アルカディアに入った気分の
幸せなお出かけでした。
25周年記念のBunkamuraは、
オーチャードホール・シアターコクーン・ザ ミュージアム、
いずれも豪華ラインナップ。
洗練されたエルベ シャトランブティックのディスプレイも
季節ごとに楽しめます。

 

Bunkamura 25周年記念のたれ幕
ご興味のある方はこちらまで

<ザ・ミュージアム>
東京都渋谷区道玄坂2-24-1
TEL 03-3477-9111(代)
http://www.bunkamura.co.jp/museum/

 

開館時間:10時~19時 (入館は18時半まで)
毎週金・土曜日は21時まで(入館は20時半まで)
※休館日は展覧会により異なります

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

写真

みなさんは歌舞伎や美術館、展覧会、ギャラリーなどにおでかけすることはありますか? 演目や作品に興味があって楽しみなのはもちろん、ちょっとドレスアップしてでかけるのも楽しみのひとつですよね。お友だちとでかけるならば、普段よりもきれいになっておでかけしたいですね。ところで、第一印象の雰囲気が変わって見えるにはヘアスタイルが大切だってご存知ですか? さらに、観劇などのときは、後ろの席の人から頭頂部や分け目が見られそうで気になりますね! だからいつもより一段とふんわり仕上げたい。セグレタ シャンプー&コンディショナー ―ハリ・つやシリーズ―(2014年3月22日新発売)は、ドライヤーで乾かすだけで、根元からふんわりつややかに仕上がり、分け目が目立ちにくい仕上がりになるのでせひ取り入れたいアイテム。シャンプーの後、細かい粒子が髪の毛に残って、乾燥しやすくばらけさせ、根元からしっかり乾かすことで髪が立ち上がりやすくなるのです。さらにブローの後はケープ3Dエクストラキープを根元にスプレーすれば、ふんわり感がキープできます。ふんわりしたヘアスタイルでおでかけすれば「なんだか今日、若く見えない?」なんて言われちゃうかもしれませんね。そして仕上げの最後は白髪のチェック。おでかけ前に生え際や分け目などに気になる部分があったら、ブローネポイントカバーでちょこっとカバー。マスカラ感覚で目立つ部分の白髪にささっと塗るだけなので、本当に大助かりです! これで今日のヘアスタイルは完成。楽しい1日を!

 


この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
2014/03/07
春の兆しのアルカディア~ Bunkamura


  • To Top