HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/43587/

内臓脂肪測定<半年後・編> 意識を変えたら減りました!

西麻布女子

西麻布女子

東京在住。食、旅、美容などライフスタイル系ブランドのPRをしています。オーガニックアイテムを取り入れて、健康的に美しく年を重ねていくことに興味があります。旅と食べ歩きが大好きで、今年もすでに国内外のおいしい旅を計画しています。新店舗オープン、食や旅を中心としたおでかけ情報を発信していきます。

記事一覧を見る

前回の内臓脂肪測定から約半年。

またまた測定にやって来ました!

 

おでかけ女史組イチのグルメ隊長、西麻布女子さんは、普段はどうしても外食が多くなってしまいがちで、4月は神戸へワイナリーツアーに行ったり、クルーザーで美食を楽しんだり。「いけない、いけない!」と自重しつつ、おいしいおでかけもついつい楽しんでいるようです。

age130

しかし! 「前回、内臓脂肪年齢が実年齢よりも6歳も上で、生活習慣も内臓脂肪を『ややためやすい』という結果に衝撃を受け、ジムの回数を増やしたり、食事内容を見直したり努力しました!」という西麻布女子さん。

気になる内臓脂肪の変化を測定しに、花王すみだ事業所のヘルスケアリサーチセンターにお邪魔しました。

ちなみに、ジムで測定した結果を見ると、確かに筋肉量が増えてる!

 

「意識が変わると普段の行動にも少し変化がでてきて、自分の体の状態を知るって、大事なんだな、と実感しました。美味しいものは食べますが、運動量を増やしたらちゃんと体は変わりますね!」

と、生活習慣に変化がでたようで、測定が楽しみです。

 

 

まずは、前回同様「内脂肪ラボNAiBO(R)」で

生活習慣に関する5つのカテゴリーの質問に答えていきます。

age074

NAiBO(R)は内臓脂肪の蓄積度と生活習慣を測って

見える化するサービス。この分析結果から

内臓脂肪がたまりにくいライフスタイル提案をしています。

(※診断や治療ではなく、健康の維持・増進を目的としています)

 

 

続きまして、いよいよ測定に。

age058(測定)

「減ってるといいなあ!」と期待が高まります。(※実際の測定は直接肌に巻いて計測します)

 

測定は、大阪大学と花王が共同で開発した内臓脂肪計(医療機器)で行います。

 

内臓脂肪測定ベルトをお腹に巻き、腹部と背中に微弱な電流をながして内臓脂肪の量を算出します。電流で測定するので、CTで測定する際のX線被ばくの心配がないのも女性には安心の機械なのです。

 

 では、いよいよ発表です!

age297 600

 内臓脂肪年齢が、前回よりも5歳も若くなっていました!(数字はヒミツです)

内臓脂肪量も減。まだまだ改善の余地はありますが、まずまずの成績。

age289(メイン・喜ぶ顔)

「よかった! 頑張った甲斐がありました!」と喜ぶ西麻布女子さん。

 

前回のアドバイスは

◆満腹になるまで食べない!

◆ダイエットなどで筋肉量を減らさない

◆お酒は飲み過ぎない

◆夕食の時間は早めに

◆外食を控えめに

◆自炊して作り過ぎてしまったら半分は翌朝に食べる

 

といったもの。どれもそんなに難しいものではなく、日常生活の中でちょっと意識をすれば改善できるものでした。

 

「前回よりも数値がよくなってはいるものの、まだまだ数字がよくなる余地はあります。食事の時間を早めると、もう少し数字が減ってくると思いますよ」とアドバイスをしてくださったのは、花王ヘルスケア研究所 管理栄養士の吉本さん。

age197(アドバイス)

「仕事柄、なかなか夕食時間を早められないのと、朝ごはんをしっかり準備するのが難しいので、ヨーグルトだけで済ませてしまったり。お昼もおうどんにネギを乗せるくらい」というのが西麻布女子さんの悩み。

 

「野菜は1日に350g摂取する必要がありますから、朝食とお昼でネギだけというのは少ないですね。生野菜は量をたくさん食べられないので、煮物や温野菜で食べるとたくさん食べられます。タンパク質は体重1kgに対して1gを目安に摂りましょう。目玉焼きにベーコンだと多すぎですね」と、食べ方のアドバイスをしていただきました。

 

「朝ごはんの比重が大きい人ほど、内臓脂肪は少ない傾向があります。毎日は大変でも1週間でバランスを取るなど、できることはまだまありますよ」

age305 1500

前回とスコアを比較すると以下の成績。これは数字が低いほど成績がいいというスコアです。

食事の時間 7.7→6.4

これは、食事を摂るリズムが改善された結果です。

日常活動 3.2→2.1
運動 3.1→2.0

この2つは、家事などの日常活動やジムなどの運動量が増えて改善された結果です。

「頑張った結果が出ていますね。この調子ですよ!」と、吉本さんからお褒めの言葉をいただきました。

 

ちなみに、今回もまた生活習慣タイプは「お酒のない人生なんて…自己管理型☆酒飲みさん」でした…。

「お酒だけを飲むというよりは、食事の時にちょこっと飲む程度ですが毎日飲んでしまうので、気をつけます!」と決意を新たにする西麻布女子さんでした。

age305 1500

◆体験を終えて

夕食の時間を早めるのはなかなか難しいのですが、

自炊をしたときは半分は翌朝用にする

ということはできそうです。

また、朝食にタンパク質が足りないのも、意外な気づきでした。

ただ減らせばいいというわけではないんですね。

野菜が足りていないのも気をつけたいと思います。

 

◆本日の先生

age109

花王ヘルスケア研究所 管理栄養士
吉本弥生さん

 

 

 

なお、花王では、企業の職場などを訪問して「内臓脂肪&生活習慣チェック」を行っているそうです。

 

※以下のクリニックにも、内臓脂肪計が導入されています。

 

対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座

中央区銀座2-6-5 銀座トレシャスビル7F   TEL.03-3538-0270

http://w-wellness.com/lifeclinic.html

 

Dr.KAKUKO スポーツクリニック

渋谷区猿楽町9-8 レジディア代官山猿楽町111  TEL.03-5784-1101

http://www.dk-sc.com/

 

撮影/藤澤由加

 

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#関東 #東京23区内

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル