久しぶりのバレエ観劇に感動。牧阿佐美バレエ団「三銃士」を堪能した夜①

プロフィール写真

歌舞伎、落語はちょこちょこ観に行くけれど、バレエ観劇は実に数年ぶりの40代半ば。

こんにちは!

OurAge編集部のギリコです。

 

 

編集スタッフも、おでかけ女史組にまじって、ときどき参加しますね! 週末にとても素敵なおでかけをしたのです♪

その様子を2回に分けてレポートします。

 

 

土曜日の夕方、ギリコが向かうのは五反田にあるゆうぽうとホール。

 

今日は牧阿佐美バレエ団「三銃士」を観に行くのです。

元英国ロイヤル・バレエ プリンシパルのイヴァン・プトロフをダルタニヤンに迎え、ミラノ・スカラ座の指揮者を16年も務めたデヴィッド・ガルフォースが指揮……という、バレエファン待望の公演。

なんとなんとそれを観に行くのです。

 

 

 

きっかけは先日取材でお邪魔した「大人のためのバレエクラス」。

 

 

講師の先生のエレガントなたたずまいとすばらしいプロポーション(何度も目視で測定したのですが、見事な8頭身でした)に、レッスンの内容よりついつい先生の姿ばっかり目で追ってしまったギリコです。

 

 

仕事でモデルさんや女優さんにお会いすることは多く、とちらかといえば”美人慣れ”しているはずなのですが、バレリーナだけが持っている特別なオーラってあるんでしょうか。

 

先生がバレエの”型”をちょっとしただけで、そこだけ雰囲気がガラリと変わり、バレエの世界がたちまち現れるのです。

本当に本当にうっとりしました。

(OurAgeでも牧阿佐美バレエ団にご協力いただき「大人のバレエストレッチ」というセミナーを開催することになりました。主婦の方も参加しやすいよう、平日昼間の開催です。ご応募お待ちしています!)

 

 

そのとき講師を務めていらした素敵な先生が吉岡まな美さんなのです。

(↓こちらは舞台「アビアント」で冥界の女王役をなさったときの吉岡先生。みなさんにも見ていただきくてお写真をお借りしました。ね?素敵でしょ?)

牧阿佐美バレエ団 吉岡まな美さん

 

 

「三銃士」に吉岡先生が出演なさる、しかもアンヌ王妃という重要な役でのご出演、というので数年ぶりにバレエを観たくなったギリコです。ミーハーです……。(バレエに造詣の深い方、ごめんなさい。)

 

 

 

それにしても休日にひとりでのおでかけは久しぶり。

せっかくなので帰りはどこかおしゃれなBarでも寄ろうかしらん、と五反田駅からゆうぽうとまでの道中キョロキョロ。

ですがBarのようなものは見当たらず(かわりに焼肉屋さん、ラーメン屋さんが多いような…)。

 

 

そうこうするうち、ゆうぽうとに着きました。

 

ゆうぽうとホール 入り口

 

 

開演40分前ですが、すでに入り口にはたくさんの人! 意外なことに男性もけっこういらっしゃいます。(今度は落語一辺倒のウチの”相棒”も誘ってみようかな)

ゆうぽうとホール ロビーの風景

 

 

 

ロビーに入るとたくさんのお祝いのお花、華やかですね。

こうしたお花の贈り主のお名前を見るのも観劇の楽しみのひとつです。

 

 

 

ほら、タカラジェンヌさんからのお花もありましたよ!

牧阿佐美バレエ団 タカラジェンヌさんからの花

 

 

観劇の楽しみのひとつといえば、おみやげコーナーです。

バレエシューズ型のミニポーチなど、バレエ公演らしいかわいいグッズがいろいろ。

 

牧阿佐美バレエ団 劇場 バレエグッズ

 

 

せっかくなのでなにか買おう、とあれこれ物色しているうちに……

ハッ!すっかり夢中になってしまいました。

 

 

気がつくとヘアをお団子にキュッとまとめた、いかにもバレエを習っているといった清潔感あふれる少女たちに囲まれていました。

自分のお小遣いで買うのでしょうか、値段を見比べてはお友達同士で真剣に相談している様子がかわいいです。

 

 

熟考の末、ギリコが選んだのはこのチャーム↓

 

バレエ チュチュを着たクマのチャーム

 

 

チュチュを着ているのがおしゃまです。 眠そうなお顔も愛嬌です。

 

 

さぁそろそろ自分の席へ行きましょう。

人が少ないうちにパンフレットを座席でパチリ。

ゆうぽうとホール 劇場内

 

牧阿佐美バレエ団 三銃士 パンフレット

 

パンフレットを読んだり、他のお客さまを観察などしているうちに、ブザーが鳴ってホールの照明が暗くなりました……。

 

 

この瞬間っていつもワクワクします~。

さぁ、どんな世界が始まるんでしょうか?

(レポート②へ続きます)

 

OurAgeグッドエイジングセミナー 「大人のバレエストレッチ」 もご参加お待ちしております!

 

 

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

写真

みなさんは歌舞伎や美術館、展覧会、ギャラリーなどにおでかけすることはありますか? 演目や作品に興味があって楽しみなのはもちろん、ちょっとドレスアップしてでかけるのも楽しみのひとつですよね。お友だちとでかけるならば、普段よりもきれいになっておでかけしたいですね。ところで、第一印象の雰囲気が変わって見えるにはヘアスタイルが大切だってご存知ですか? さらに、観劇などのときは、後ろの席の人から頭頂部や分け目が見られそうで気になりますね! だからいつもより一段とふんわり仕上げたい。セグレタ シャンプー&コンディショナー ―ハリ・つやシリーズ―(2014年3月22日新発売)は、ドライヤーで乾かすだけで、根元からふんわりつややかに仕上がり、分け目が目立ちにくい仕上がりになるのでせひ取り入れたいアイテム。シャンプーの後、細かい粒子が髪の毛に残って、乾燥しやすくばらけさせ、根元からしっかり乾かすことで髪が立ち上がりやすくなるのです。さらにブローの後はケープ3Dエクストラキープを根元にスプレーすれば、ふんわり感がキープできます。ふんわりしたヘアスタイルでおでかけすれば「なんだか今日、若く見えない?」なんて言われちゃうかもしれませんね。そして仕上げの最後は白髪のチェック。おでかけ前に生え際や分け目などに気になる部分があったら、ブローネポイントカバーでちょこっとカバー。マスカラ感覚で目立つ部分の白髪にささっと塗るだけなので、本当に大助かりです! これで今日のヘアスタイルは完成。楽しい1日を!

 



  • To Top