埼玉県名発祥の地! 新緑のさきたま古墳公園へ

プロフィール写真

子供が独立して自由な時間が増え、料理、食べ歩き、旅行に加えてゴルフ、華道と趣味は広がるばかり。新たな発見と小さな感動を求めて、その時々の気分とノリでおでかけライフを満喫中。さいたま市在住。

新緑が輝く季節、心地よい風を感じながら埼玉県北部、行田市にある「さきたま古墳公園」を散策してきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さきたま古墳公園は、5世紀後半から7世紀初めに造られた9基の古墳を中心に「さきたま史跡の博物館」、埴輪づくりが体験できる「はにわの館」などの施設を備え、さきたま風土記の丘として整備されています。

 

9基の中から主だった3基の古墳をご紹介します。

 

まずは、武蔵野国(現在の埼玉県、東京都、神奈川県の一部)で一番大きな前方後円墳の「二子山古墳」。丸形と方形を組み合わせた鍵穴のような形をした前方後円墳、絶対見たいですよね。でも、横からみると二つ並んだ小高い丘…。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

二子山古墳

 

国宝の「金錯銘鉄剣」、勾玉、鏡など(さきたま史跡の博物館に展示されている)が出土した「稲荷山古墳」も前方後円墳。墳頂に登ると、埋葬施設を復元した展示を見ることができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

稲荷山古墳

 

そして、日本最大の円墳「丸墓山古墳」は直径105m、高さは19mです。 さきたま古墳群のなかで一番高く、頂上からは二子山古墳や稲荷山古墳の全景がくっきり! やっと、前方後円墳の形が確認できました。 「古墳の桜」として人気の桜の木も葉桜の季節を過ぎ、緑色が一層濃くなっています。 大きく深呼吸をしてまわりの景色を見渡せば、映画「のぼうの城」のモデル、「忍(おし)城」も見えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

丸墓山古墳

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「忍(おし)城」

 

また、行田市は埼玉県名の発祥の地とされています。 県名のルーツといわれる「前玉(さきたま)神社」は、なんと浅間塚古墳の上にあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「前玉(さきたま)」→「埼玉(さきたま)」→「埼玉(さいたま)」で県名に。ちなみに、古墳公園一帯の住所表示は「埼玉(さきたま)」です!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次は埴輪です!

 

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


2015/07/02
埼玉県名発祥の地! 新緑のさきたま古墳公園へ

  • To Top