金沢の楽しみ方。ファンキーナイトと懐石料理

プロフィール写真

百聞は一見にしかず!なんて都合のいい理由をみつけて、スタジアム、美術館、映画館、ライブ会場に出没してます。でも読書もヨガも大好きのインドア派。かなざわ便りをおとどけします。

来年で歌手デビュー30周年を迎える久保田利伸さん。  久方ぶりの金沢でのライブにいってきました。 R&Bの先駆者として、デビューした久保田利伸さんはいまも変わらずファンキーな姿勢を貫いて大活躍です。ライブは金沢でも何度かあったはずなんですが、タイミングがあわず、今年初めての参戦です。うれしい~。

image

場所は、石川県立美術館近くの本多の森ホール。新緑の葉っぱが輝く季節ながら、朝から霧雨が横なぐりに降っている悪天候。それでも会場1時間前から、ロビーがいっぱいになってて、いかに期待が大きいか、わかりますよね。9年ぶりぐらいらしいので、みんな待ちにまってましたという感じです。

嵐の中、久保田さんを待ち兼ねたファンが、続々と集まってきます。  年齢層高めかと思いきや、若いカップルもいたりして、着実にファンの幅がひろがっています。

image_1

ちょっとネタバレです。ご注意を。

 

会場に入ると、ステージの真上にミラーボールがきらきらと回ってました。これから始まるファンキーパーティーへの期待感がますますふくらんできます。

 

久保田さん登場までには、ちょっとした演出もあって、みんなの気持ちはすでに高揚しております。そんな中での久保田さんの斬新な登場のしかたが、また、かっこい~い。  思わず目がハートになってしまいました。キュン。

 

そして、久保田サウンドにのって、  会場全体が盛り上がっていきます。  久保田さんの『パーティーピーポー』の声かけに、『イェイ』と  ますますヒートアップしていきます。逆に立ったままのパーティーピーポーに対して、『まぁ、落ち着いて座ってください』と、バラード前に着席を促してくれる場面もありました。

image_2

写真は、ライブグッズのブレスレットです。暗くなった会場で手を大きく右から左へと振るときに、あちこちから、ブルーの光がぼわ~んと浮かびあがって揺れています。残念ながら、着用率がそんなに高くなくて、ちょっと残念でした。

 

派手なステージセットではありませんが、ライティングやダンサーとのコラボレーションやタペストリーの演出などで、曲ごとに、全く違うステージになります。そこに、久保田さんの歌声がそろえば充分です。  声量、声質、グルーブ感が極上で、アドリブも会場盛り上げに一役かっています。ダンスもめちゃくちゃファンキーです。

 

のりのりのパーティーピーポーになり切って、ステキなファンキーナイトを味わってきたのでした。最高!

 

せっかくですので、金沢のグルメ情報も!

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
2015/07/27
金沢の楽しみ方。ファンキーナイトと懐石料理


  • To Top