地元で愛され続ける、中国菜「燕燕(エンエン)」

プロフィール写真

旅ライター&京のおもてなしリーダー
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを経て、集英社「エクラ」などのライターに。
3年前より京都に在住。京都検定2級。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

地元で愛され続ける、中国菜「燕燕(エンエン)」

 

京都と言えば日本料理…でも、地元の人たちが気軽に楽しむ料理は、ほかにもいろいろ…。特に、近年、「美味しくて、レベルが高い!」と評判なのが、中華料理です。京都で中華…?と思う人も多いでしょうが、実は、京都では、ラーメン、餃子などを含む中華料理店の数が、全国的にみても、多いと言われているのです。「餃子の王将」やラーメンの「天下一品」など、全国展開するチェーン店も、いずれも京都生まれです。

 

さて、私の知る京都人のほとんどは、外食好き。家族や友人たちと、ことあるごとに、どこかに食べに行きます。そんな時、よく選ばれるのが中華料理。それぞれの町に自慢の中華料理店があり、子供の頃から、自分の贔屓のお店があるのだとか…。

 

御所の北側、今出川通と寺町の交差点の近くにある「中国料理店 燕燕(エンエン)」も、味にうるさい地元の人たちに愛され続けるお店のひとつです。

小原京都中国菜燕燕2

中華料理店というよりカフェを思わせる洒落た雰囲気

 

 

オープンして、すでに12年めを迎える店のオーナー中野賢二さんは、東京の大学でフランス語を専攻。その後、フランスに渡り、その地で、日本文化の素晴らしさを再確認、子供の頃から、ものづくりが好きだったことから、帰国後、陶芸を学びに伊賀へ。修業の後、独立し、そこで窯を構える陶芸作家になったという経歴の持ち主。

 

陶芸作家として活躍していたころ、中国人の料理人との出会いがこの店を開くきっかけに…。今出川通沿いに建つ古家を改装したという店内は、中野さんのアーティストらしい美意識が感じられる洒落た雰囲気。自らも改装作業に取り組んだとか。中国料理店というより、カフェを思わせるお店です。

 

ここの料理は、本場中国各地で愛される料理。中国人の料理人が作った品の中で、中野さんが日本人の好みに合うと思う料理がメニューに採用され、今や、その種類は、なんと100種類以上。「へぇ~こんな美味しい品があったんだ~」と、訪れる人は、今まで食べたことがない中華料理の品々に感激。幅広い年齢層を満足させる種類豊富な料理の数々が、なんといっても、この店の魅力です。

 

たとえば「プチトマトの台湾風甘酢」や「千切り干し豆腐のあえもの」など、冷菜は、夏の衰えた食欲をそそります。またジューシーな肉汁がこぼれるカリカリの餃子やプリプリのエビのチリソースなども、ここならではの美味しさにあふれた評判の一品。どちらもここに来たら、必ず注文するという人が多い、人気の品々。

小原京都中華組

人気の冷菜5種盛りと餃子など

 

 

ひとりでふらりと行って楽しむランチは、850円。ランチメニューの中から選んだ1品と、スープ、小皿、デザートなどがセットになり、お得感もいっぱい。毎日でも行きたくなる味です。

小原京都中国菜燕燕1

お得感いっぱいのランチ

 

 

夜は、友人たちなどと種類豊富なメニューから選びます。料理だけなら、3人で、ひとり3000円もあれば十分。3000円からのコースメニューもありますが、アラカルトで選んでも、どれも手ごろな価格なので、むしろ、こちらがおすすめ。

また、オーナーが厳選した中国茶の種類も多く、料理に合うものをアドバイスしてくれるのも嬉しいこと。

 

地元の友人たちに紹介したところ、すっかり贔屓になってしまったお店です。

京都に来たら、ぜひ…。料理の美味しさ、店内の雰囲気の心地よさ…だれと訪れても、素敵なひとときが過ごせる、おすすめの一店です。

 

 

 

小原京都中国菜燕燕3

中国菜 燕燕(エンエン)

京都市上京区今出川通寺町西入ル大原口町211

☎075-222-1489

入店時間:ランチ11:30~14:00 夜 18:00~21:30

木曜、第3水曜休み

京阪電車「出町柳駅」から徒歩10分

夜は、予約をおすすめ

 

 

小原誉子の京都の観光文化を伝えるブログ

「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」

http://blog.goo.ne.jp/mimoron

 

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


第14回
地元で愛され続ける、中国菜「燕燕(エンエン)」

  • To Top