1日1組限定 熊本の隠れ家で絶品フレンチ

プロフィール写真

東京・熊本でフラワーデザインのサロン主宰、兼主婦。東京から熊本へ住まいを移して2年目の九州住まい初心者。熊本のみならず、九州各地を訪ね歩いては、その土地の自然や歴史に触れたり、美味しいものを見つけたり・・・・そんな生活を目下満喫中。まだまだ訪ねてみたいところ、やってみたいことは尽きません!

全国的にうだるような暑さの毎日が続いておりますが、皆さま暑さに負けずにお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。

 

この季節、食欲が落ちてしまう方も多いと思いますが、幸か不幸か、わたしはどんなに暑い日でも「食欲がない・・」という 状態になったことがありません。

 

この日も友人に「一日ひと組限定のディナーを出すお店があるんだけど・・・」とお誘いを受け、二つ返事で訪ねました。

 

訪ねたのは、熊本市西区にある「Le Berle Epoque」というパティスリー。

何とこちらはチーズケーキとショコラの専門店なんです。

ベルエポック1

メニューを見て、ざっとチーズケーキの種類を数えただけでも14種類。この他に、季節限定のものや、ショコラケーキが9種類あります。

 

ただし、常時全種類がある訳ではなく、原材料の入荷状況によって、ショーケースに並ぶ数には変動があるようです。

ベルエポック2

ちなみにこちらは「フォンデュパルミジャーノ」と山羊のチーズを使った「スフレフロマージュエルール」。

 

どちらも小さ目ながら、どっしりと重みがあり、濃厚なお味。食べ応え十分で、お酒にもよく合います。

ベルエポック3

こちらのチーズケーキとショコラケーキ・・・・実はどれもワインに合うケーキとして評判なんです。甘いものが苦手、と仰る男性でも、こちらのケーキなら美味しくいただける!という方が多いのだそう。

 

・・・という訳で、ケーキの名前の後には「赤、白、泡」などど、そのケーキと相性の良いワインが目安として書かれています。

 

こちらはケーキを買うと頂けるメニュー表。魅力的な名前が並んでいます。

ベルエポック4

 

こんなところにお店があるんだろうか・・・と思いながら辿り着き、扉を開けるとそこはパティスリーでした。お店の外観は・・・ついつい通り過ぎてしまいそうです。

ベルエポック5

ベルエポック6

 

そんなパティスリーの店内はこの席一席のみ。ここが夜はフレンチレストランに早変わりして、ディナーを楽しめるのです。

ベルエポック7

ベルエポック8

 

まずは英国王室御用達の「泡」で乾杯。そしてお食事がスタートしました。お食事はアラカルトはなく、予約の際に予算をお伝えすると、コース仕立てでお料理を出して下さいます。

ベルエポック9

 

お料理は全て、熊本県産の食材を使い、丁寧に仕上げられていて、とても美味しい! また、「ひと組」のため、ゆっくりと自分たちのペースでお食事が頂けます。

 

中でも美味しかったのが、熊本・阿蘇の赤牛のグリエ、そしてデザートのショコラムース! さっぱりとしていて旨みのあるお肉と、甘ったるくない大人の味のショコラムースは、美味しくてため息モノでした。

ベルエポック10

ベルエポック11

 

街の喧騒を離れ、美味しいお食事と、楽しいお喋りをゆっくりと楽しめる隠れ家のようなレストラン。

 

季節が移り変わった頃に、またお食事を楽しみに訪ねたいと思います。

 

◆Le Berle Epoque

http://blog.livedoor.jp/belleepo/

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


2015/08/19
1日1組限定 熊本の隠れ家で絶品フレンチ

  • To Top