「削りぶしのやまいち」さんで感動の「おだし教室」

プロフィール写真

東京・熊本でフラワーデザインのサロン主宰、兼主婦。
東京から熊本へ住まいを移して2年目の九州住まい初心者。熊本のみならず、九州各地を訪ね歩いては、その土地の自然や歴史に触れたり、美味しいものを見つけたり・・・・そんな生活を目下満喫中。まだまだ訪ねてみたいところ、やってみたいことは尽きません!

 

そろそろ温かなスープやお鍋が美味しい時期となって来ましたね。
こちら熊本も、お昼間は強い日差しが照りつけるものの、朝晩は肌寒く感じることも多くなりました。

 

少し前のことですが、友人に誘われ、鰹節屋さんが開いている「おだしの教室」に参加して来ました。
わたしがおだしの取り方を初めて教わったのは 、中学1年生。家庭科の授業でのことでした。
そこから数十年・・・。「今更おだしの取り方だなんて~~~」と思いますよね。最近は市販の美味しいおだしの調味料も沢山ありますし。
ですが、何となく興味が湧いて、参加してみることにしました。

 

「おだしの教室」を開かれたのは、「削りぶしのやまいち」さん。
月に2回のペースで、「伝承!おだし教室」と名付けられた「おだし講座」を開いていらっしゃいます。

だし1

だし2

お店には沢山の削り節やお昆布、干しシイタケ。所狭しと置いてある削り節の種類の多さに少し圧倒され気味。今更ですが、ひとくちに「だし」と云っても、色々ありますね。

だし3

席に付き、自己紹介をした後から、早速レクチャーが始まります。

 

講師を務めて下さるのは、この「削りぶしのやまいち((株)山一)」代表取締役の林豊子さん。ご自身も現在子育て真っ最中のお母さまでいらっしゃいます。

 

この日の参加者は5名。プラス、赤ちゃん1名。小さい頃から美味しいおだしで育てたい・・・とその赤ちゃんのお母さま。子を想う母の愛ですね。

だし5

おだしの旨みのお話、素材のお話・・・などなど、レクチャーは進んで行きます。

 

久しぶりに「おだし」にフォーカスしてみると、面白い再発見があったり、初めて知ることがあったり・・・。気が付けば、前のめ りで先生のお話を聞いておりました。

 

中でも興味深かったのは、料理別によるだし素材のブレンドのお話。

 

例えば・・・「昆布+かつお削り」は、お吸い物やそうめん、卵豆腐など、やわらかな具材によく合う・・・などなど、だし素材のブレンドの仕方で、合うお料理や調理方法が変わって来るのだそうです。

 

確かに、上品なおだしの味で楽しみたいお料理、しっかりした旨みのあるおだしが活きるお料理など、色々ありますよね。

 

そしてここで、おだしの味比べ!

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


2015/11/20
「削りぶしのやまいち」さんで感動の「おだし教室」

  • To Top