漢方薬のふるさと 奈良の薬草園と薬草料理のお寺を巡る/前編

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

日本の漢方薬のふるさと

奈良の薬草園と薬草料理のお寺を巡る/前編

 

寺社部長の吉田さらさです。

全国の寺社を中心とした旅情報をお送りしています。

今回は、先日わたしが参加した、

普段とはちょっと違う視点で奈良県内を巡るツアーをレポートします。

 

名づけて「漢方ツアー」

 

奈良県が日本における漢方薬や生薬のふるさとだということをご存じでしたか?

 

さらさ_漢方_前01

有名な胃腸薬、陀羅尼助丸も、奈良県生まれの薬です。
写真提供/奈良県「漢方のメッカ推進プロジェクト」

 

 

まずは簡単に、奈良県と薬の関係についてご説明しておきましょう。

日本書紀に「611年に聖徳太子のおばさんである推古天皇が、

宇陀地方(現在の奈良県東部)で薬猟りをされた」という記述もあるように、

古代の奈良では、薬がとても重要なものと見なされていました。

大和朝廷は、中国から医薬術を導入し、薬を輸入して、病に苦しむ民衆を助けました。

この民衆救済の考えは、仏教の教えによるもので、その後、寺社から民衆への施薬につながっていきます。

 

さらさ_漢方_前02

 

当時の薬は原料のほとんどが自然由来のものだったため、

薬用になる植物を確保することが大切でした。

中国などから種や苗の輸入も行われましたが、

国内で薬用になる植物を探し、栽培することに力が注がれ、薬草園が作られました。

それらのうちいくつかは現存し、有名な製薬会社に発展したところもあります。

 

さらさ_漢方_前03

 

江戸時代になると、富山とほぼ時を同じくして「置き薬」のシステムも生まれました。

行商の方が日本中を回って箱に入った薬を置いて行き、使った分だけお金を払うものです。

このシステムは昭和になっても続きました。

遠方から来た薬屋さんが、子供に紙風船などの景品をくれたことを覚えている人もいるんじゃないかな?

 

今回の「漢方ツアー」は1泊2日。

奈良交通と奈良県「漢方のメッカ推進プロジェクト」の連携企画でした。

一般向けのツアーではありましたが、テーマが限定されているため、

漢方や薬草の情報を仕事や普段の生活に役立てたいと考えて参加する方が多く、

みなさん、興味津々。どこに言っても、かなり突っ込んだ質問が飛び交いました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

訪問場所は、まず薬草園。

田村薬草園は、田村薬品工業という会社の付属施設で、

約370 種の薬草と約180 種の薬木の計550種程を栽培育成しています。

標本園と実験園に分かれており、見学できるのは標本園。

かんきつ系果樹、シャクヤクなどお馴染の植物もたくさんあり、

係の方が詳しく説明してくださいます。

「なるほど、この見なれた植物も、実は薬になるのか」と、たいへん勉強になりました。

 

さらさ_漢方_前05

 

今回はツアーのコースでしたが、事前に申し込めば、個人でも見学できます。

(ただし4月~10月のみ)

特に、5月頃には美しいシャクヤクの花が咲き誇る様子を見られるそうです。

申し込み先など詳細は以下のホームページから。

http://www.tamura-p.co.jp/yakuso/index.html

 

さて、次に訪ねたのは…

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第27回
漢方薬のふるさと 奈良の薬草園と薬草料理のお寺を巡る/前編

  • To Top