「まるごとにっぽん」と新春浅草歌舞伎で至福の休日

プロフィール写真

洋の東西を問わず、「ストーリーのあるモノ」に魅かれます。〈歴史あるもの〉〈流行りもの〉双方ともに好き。皆様に幸せ訪れる様なお出かけを、東京中心にお伝えしてまいります。

暦の上では春を迎えましたが、まだまだお寒さも厳しい日々。

女史の皆様、どうぞお健やかにお過ごしください。

 

 

毎年のことですが、お正月から春先にかけては、いつも以上に和物が気になります。

今回、和を満喫しに訪れたのは、浅草。

 

 

【まるごとにっぽん】

昨年12月17日、浅草六区に登場した新しい浅草のスポットです。

image1

 

「浅草六区に賑わいを取り戻したい」

「地方創生の足掛かりとなる施設にしたい」

そんな思いから誕生した【まるごとにっぽん】

思いの詰まった場所には、たくさんのお客様が訪れていました。

 

 

「皆、頑張っているよね」

「いろいろあって楽しい」

そんなお声が耳に入ってきました。

 

 

見どころたくさんなのですが、私は昨年訪れた別府温泉が懐かしくて、まずはこの
ブースを訪れてみました。

<おおいた 温泉座>

2階・和楽(くらしの道具街)にあります。

image4

 

こちらのおすすめは、何といっても足湯体験ができることです。

幸運なことに、待つことなくお試しすることができました。

もちろん素足で試すのがいちばんなのですが、こちらでは、タイツやストッキングの
方も体験することができます!

「足湯ビニールソックス」と呼ばれるブーツの様に長いビニール袋が用意されていま
す。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
2016/02/08
「まるごとにっぽん」と新春浅草歌舞伎で至福の休日


  • To Top