一足早い春を見つける鎌倉の寺社、花めぐり /その1 梅見編

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

一足早い春を見つける鎌倉の寺社、花めぐり

その1 梅見編

 

こんにちは、寺社部長の吉田さらさです。

全国各地のお寺と神社を旅して、

お役立ち情報をお伝えしています。

今回は、まだ寒い境内でけなげに咲いている早春の花を愛でながら、

鎌倉の寺社を巡りましょう。

まずは、この季節を代表する梅見の名所をご案内します。

 

鎌倉は、かつては文化人たちの

避寒地として人気だったところです。

したがって、東京よりもあたたかく、2月の中旬から3月上旬にかけて

あちこちで梅が見ごろとなります。

鎌倉の花_前1

鎌倉で最初に梅が開花すると言われるのは、荏柄(えがら)天神社です。

咲き始めは例年1月下旬。

こちらの神社は、菅原道真終焉の地に建てられた太宰府天満宮や

京都の北野天満宮と並ぶ、日本三大天神社のひとつです。

しかし、他の二つとはかなり規模が違い、山影にひっそり建っています。

数ある鎌倉の神社仏閣の中では、さほど観光客が多い方ではなく、

その分、静寂が保たれており、なかなかいい雰囲気ですよ。

 鎌倉の花_前2

 

こちらの本殿は寛永元年(1624)の鶴岡八幡宮若宮の社殿造営に伴い,

若宮の旧本殿を移築して再興されたもので、

建てられたのは14世紀ごろの可能性があります。

関東大震災などの影響で、鎌倉の寺社には古い時代の建物が少ない中、

この本殿はたいへんな貴重品で、重要文化財に指定されています。

 

 

荏柄天神社

http://www1.kamakuranet.ne.jp/egara/

 

 

引き続き、梅見の定番、北鎌倉のお寺を巡りましょう。

 

まずは、駅を降りてすぐの円覚寺からスタート。

まだ境内に入る前から、たくさん梅が咲いてますね。

鎌倉の花_前3

わたしのお勧めの見どころは、方丈庭園の手前にある

石の百観音像と梅のコラボです。

  鎌倉の花_前4

 

境内右手奥の石段を登ったところの

弁天茶屋から眺める冠雪した富士山も、今が見ごろ。

鎌倉の花_前5

円覚寺

http://www.engakuji.or.jp/

 

まだまだご紹介したい梅の見どころが次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第29回
一足早い春を見つける鎌倉の寺社、花めぐり /その1 梅見編

  • To Top