文楽の世界を満喫。初心者は鑑賞教室もおすすめです

プロフィール写真

洋の東西を問わず、「ストーリーのあるモノ」に魅かれます。〈歴史あるもの〉〈流行りもの〉双方ともに好き。皆様に幸せ訪れる様なお出かけを、東京中心にお伝えしてまいります。

人形浄瑠璃文楽の大夫・人間国宝・豊竹嶋大夫さんの引退公演を拝見しました。

image1

ずっと気になっていながらも鑑賞に至らず、私が初めて文楽を拝見したのは、およそ5年前。
大夫さんの語りと三味線の響き、そして3人の人形遣いに息を吹き込まれた人形たち。舞台で繰り広げられる文楽の世界にすっかり魅了されました。以来、東京公演(於 国立劇場)は、ほぼすべて拝見しています。

image2

今回の2月東京公演。第2部の「関取千両幟(せきとりせんりょうのぼり)」が嶋大夫さんの引退公演でした。
連日、満席です。

image3

嶋大夫さん(大夫)・吉田蓑助さん(人形遣い)・鶴澤寛治さん(三味線)人間国宝3人の豪華顔合わせ。
鶴澤寛太郎さんの曲弾き(三味線の特殊技巧の独演)。
関取人形が見せてくれた、話題の<琴バウアー>等々。
たくさんの見どころがあり、見応えたっぷりの演目でした。

 

客席からは、「嶋大夫!」「八代目!」の掛け声と大きな拍手。
精魂こもった嶋大夫さんの語りを劇場で体感できたことは、本当に幸せなことでした。
(私の自慢が、またひとつ増えました)

 

嶋大夫さんが
「芸でもっとも大事なことは、どう生きてきたかということではないでしょうか」
と、仰っていました。
嶋大夫さんの語りには、嶋大夫さんの生き様が感じられ、心揺さぶられました。

 

歴史ある人形浄瑠璃ですが、実は、今日に至るまでには幾度か存続の危機がありました。
ですが、その度にどこからともなく「何とか存続させよう」という力が作用してきました。
音楽も絵画も芸能も建物も、長い時を経て現存するものには不思議な力が宿っていて、強い生命力を感じます。
伝統あるものに私が惹かれる最大の理由かもしれません。

 

鑑賞後、
「これからも伝統芸能を応援していかなくては!」
と、改めて思っている私でございます。
この記事をご覧になって、女史の皆様の中でも文楽に興味を持ってくださる方、そして劇場に足を運んでくださる方が増えますと、とても嬉しく思います。

 

とは申しましても、
「いきなりは、ちょっとハードル高い」と思った女史の皆様!
「鑑賞教室」があります。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


  • To Top