OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/73015/

世界一美しい藤の花を愛でながら、一眼レフカメラに挑戦!

kouko (OG)

kouko (OG)

外資系企業で働くアラフィフOL。片付け好きが高じて整理収納アドバイザー講師もしています。バレエ鑑賞や食べ歩き、インテリアショップめぐりに温泉旅行など、「行ってみたい!」と思ったら即行動するタイプ。都内在住4人家族+ねこ2匹。

記事一覧を見る

お出かけ女史の「春を感じる写真コンテスト」、素敵な写真がいっぱいでしたね。思わず出かけてみたくなるような景色ばかりでした。

 

そんな写真に刺激を受けて、人生初の一眼レフカメラに挑戦してみることに。
出かけたのは栃木県の「あしかがフラワーパーク」。園内に350本以上の藤がある花の楽園です。

1

一年を通して四季折々の花を楽しめますが、特にGW前後にかけては「ふじのはな物語」が開催され、たくさんの人で賑わいます。
紫色の「大藤」「大長藤」、普段あまり見かけない「きばな藤」や「白藤」など、色とりどりの藤の花を楽しむことができるんです。
正面ゲートを入ってまず目に入るのが、「うす紅の棚」。さくら色の愛らしい藤棚です。見上げるとピンクのベールに覆われたような藤棚が青い空に浮かんでいます。

2

可愛いピンクの花びらが、風にゆらゆら揺れる様子は、まさに春を感じる景色ですよね。

3

先に進むと、あしかがフラワーパークのシンボル「奇蹟の大藤」が現れます。
世界一美しい藤といわれる大藤は、2本の大木が600畳ほどに広がって、そのスケール感はまさに圧巻!夜になるとライトアップされて、この世のものとは思えない幻想的な景色を堪能できます。

4

会社のカメラ女史に教えてもらい望遠レンズで撮影してみると、ふっくらした愛らしい花びらまで写すことができました。

5

園内には「大藤」以外にも、滝のように枝が垂れている「むらさき藤」や「白藤」などの立派な木があり、こちらは純白の美しさが際立つ「白藤」。
「きれい」という言葉以外は見つからないぐらい綺麗です。私もここぞとばかり写真を撮ってみましたが、イメージ通りに撮るのは難しいですね~。

 

白藤の写真は次のページ!

6

藤の花は、うす紅・紫・白・黄色の順に開花していくそうで、「きばな藤」には少し早かったみたいです。楽しみにしていたトンネルには、まだ数本の「きばな藤」が咲いているだけ。あー残念!

7

でも、こんなにかわいい写真が撮れたんですよ。中央に小さな蜂が隠れているのが見えますか?虫たちにとっても、ここは楽園なんですね。

8

メインの藤以外にも、「ツツジ」、「シャクナゲ」、「オオデマリ」など、足下にも色とりどりの花が咲いていて見飽きません。さながらお花のテーマパークのようです。

9

さて、たっぷり花を堪能したところで、ランチに向かったのは、「ココ・ファーム・カフェ」。自家製ワインを飲みながら料理が楽しめるお洒落なカフェです。
「あしかがフラワーパーク」から車で15分ぐらいのところにあり、テラス席の目の前には傾斜を利用した葡萄畑が広がっています。
こちらは、人気のワンプレートランチ。
スパイスが効いた見た目よりボリュームがある骨付きソーセージに、ベーコンと野菜の炊き込みピラフ。大根のサラダも瑞々しくてとても美味しかったですよ。

10

大藤のライトアップは5月22日(日)までですが、5月から6月にかけては「バラ」、「しゃくなげ」、「クレマチス」が咲きそろうレインボーガーデンを楽しめます。
写真の撮り方を勉強して、また出かけてみたいなと思っています。

 

あしかがフラワーパーク

ココ・ファーム・カフェ

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#関東 #栃木 #食べる #花・庭園

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
今週のおでかけコンシェルジュ〜元気に遊ぶための知恵、伝授します〜

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル