滋賀県の旅<前編 >延暦寺と比叡山を歩こう

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

滋賀県の旅 前編

延暦寺と比叡山を歩こう

 

 

こんにちは、寺社部長の吉田さらさです。

全国各地のお寺と神社を旅して、

お役立ち情報をお伝えしています。

今回は、滋賀県の琵琶湖の西岸を中心とした

寺社巡りと絶景巡りの旅をご紹介します。

前編は、延暦寺と比叡山を巡ります。

 

 

延暦寺は、滋賀県と京都府の県境にそびえる比叡山にあり、

1200年の歴史と伝統を誇る仏教の聖地です。

しかし、「延暦寺」というひとつのお堂があるわけではなく、

比叡山の山内にある500ヘクタールの境内地に点在する約150ほどの堂塔の総称です。

吉田_延暦寺_1

 

比叡山に登るには、滋賀県側から、京都側から、

ケーブル、バス、車など、いくつかの方法があります。

山上にはバスが走り、堂塔のある地域を巡っています。

大きく分けて次の三つのエリアがあり、それぞれに本堂があります。

 

 

東塔(とうどう)

延暦寺発祥の地。伝教大師最澄が延暦寺を開いた場所であり、総本堂である根本中堂をはじめ各宗各派の宗祖を祀る大講堂など重要な建物があります。京都側からのバス、滋賀県側からのケーブルなどもここに着きます。今回宿泊する宿坊「延暦寺会館」もこのエリアにあります。

 

根本中堂

吉田_延暦寺_2

延暦寺の総本堂。本尊は薬師如来です。

延暦寺を開いた伝教大師最澄が延暦7年(788)に創建した一乗止観院(いちじょうしかんいん)が元で、その後何回も災害に遭いましたが、そのたびに復興されました。現在の姿は徳川家光の命によって、寛永19年(1642)に竣工したものです。ご本尊の前には、1200年間灯り続けている「不滅の法灯」も安置されています。延暦寺会館に宿泊すると、このお堂の中で行われる朝のお勤めに参列できます。

 

大講堂

吉田_延暦寺_3

本尊は大日如来で、その左右には比叡山で修行した各宗派の宗祖の木像が祀られています。日本の宗派の開祖の多くがここ比叡山で修行をし、その後山を下りてそれぞれの宗派を開いたのです。また、外陣には釈迦を始めとして仏教及び天台宗ゆかりの高僧の肖像画がかかっています。仏教の歴史を学ぶことができる貴重なお堂です。

 

見どころは次のページにも続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第36回
滋賀県の旅<前編 >延暦寺と比叡山を歩こう

  • To Top