北山マダム御用達の紅茶専門店 「北山紅茶館」

プロフィール写真

旅ライター&京のおもてなしリーダー
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを経て、集英社「エクラ」などのライターに。
3年前より京都に在住。京都検定2級。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

京都の郊外、植物園の北側を東西に走る北山通は、バブル時代、当時の憧れブティックやレストランなどが並ぶおしゃれな通りとして一世を風靡したストリート。時を経て、今、再び、注目を集めているところです。かつてのピカピカさとは異なり、今は、カジュアルで心地よい通りとなり、ベビーバギーを押した家族連れや近郊に住むマダムたちが、良質の食材や雑貨などを求め訪れ、そして、寛いだひと時をカフェやティールームで過ごしています。

 

並木が続く北山通は、古い家並みの京都とは全く趣が異なるエリア。特に近年、ウェディングスペースが増え、その洒落た建物がいっそう通りの雰囲気を洒落たものにしています。

北山紅茶館 北山紅茶館

 

そんな通り沿いにある「北山紅茶館」は、1995年12月にオープンした紅茶の専門店です。京都ではコーヒーショップの数に比べ、グッと少ない紅茶専門店。それだけにそれぞれのお店は、個性的であり、居心地の良さを感じます。

 

このお店は、紅茶専門店には珍しく、モーニングや軽食が充実しているのも魅力。そこで、ある日、開店時間の10時をめざし出かけました。

北山紅茶館

 

山小屋風の店内には、朝の清々しい陽光が大きな窓から注いでいます。窓からは、通りの並木や庭の緑が望め、開放感は抜群。さっそく窓辺の席で注文したのは、モーニングメニューで人気の、ドリンクがセットされた「BLTサンドウィッチ」1150円。

北山紅茶館

 

ベーコンとレタス、トマト、中身もたっぷり。そしてお店自慢の紅茶の香りを味わいながらの、ゆったりとした朝食タイム…。ボリュームもあり、しかも美味しい…。家では味わえないちょっと優雅なモーニングタイムです。

 

そばには、常連とおぼしき男性客やマダムたちが、思い思いの朝を楽しげに過ごしています。10時半ごろには、すでに満席。その人気ぶりが伺えます。

 

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


第27回
北山マダム御用達の紅茶専門店 「北山紅茶館」

  • To Top