OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

水と踊りの小京都 郡上八幡を歩く/前編 町なか編

吉田さらさ

吉田さらさ

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

記事一覧を見る

吉田_街中22

郡上踊りでは、下駄が必需品です。

 

足を蹴り上げたり跳んだりする振付が多く、下駄の音もリズム楽器のひとつとなるからです。何度も参加する地元の方は、下駄の歯がどんどん減るため、ひと夏に三回は下駄を買い替えるそう。また、踊りの最中に鼻緒が切れて修理が必要になることもあるため、夏の間、下駄屋さんは大繁盛。

吉田_街中23

歌やお囃子は、録音したものは使わず、必ず生です。

年季の入った方の生声は、艶があって、とても魅力的。

踊りの輪の中には地元の保存会の方も交じっておられるので、特に上手な人を見つけたら、その人のマネをすればいいのだとか。

また、その方々は審査員でもあり、一般の人の中から上手な人を探し出して免状をくださるそうです。参加するからには、ぜひそれを目指してがんばりましょう。

吉田_街中24

郡上踊りの歴史などについて学びたい方は、郡上踊り博覧館に行ってみましょう。

こちらでは郡上踊りの実演も見られますし、少しですが、踊り方も教えてもらえます。

http://www.gujohachiman.com/haku/

 

 

吉田さらさ

公式サイト

http://home.c01.itscom.net/sarasa/

個人Facebook

https://www.facebook.com/yoshidasarasa

イベントのお知らせページ

https://www.facebook.com/yoshidasarasa2

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#中部 #岐阜 #寺社

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
今週のおでかけコンシェルジュ〜元気に遊ぶための知恵、伝授します〜 今週のおでかけコンシェルジュ〜元気に遊ぶための知恵、伝授します〜
<前の記事

<前の記事
第39回/東京の寺社で骨董探し…

次の記事>

次の記事>
第41回/水と踊りの小京都 郡上八幡を歩く 後編 郊外編…

この連載の最新記事

ねぶた祭りと青森観光で日本の夏を堪能

第108回/ねぶた祭りと青森観光で日本の夏を堪能

お寺のような空間の中で、  応挙寺の襖絵群を鑑賞

第107回/お寺のような空間の中で、 応挙寺の襖絵群を鑑賞

故郷、岐阜が誇る2つの名刹と夏限定グルメを巡るドライブ

第106回/故郷、岐阜が誇る2つの名刹と夏限定グルメを巡るドライブ

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル