水と踊りの小京都 郡上八幡を歩く 後編 郊外編

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

水と踊りの小京都 郡上八幡を歩く

後編 郊外編

 

 

 

水と踊りと歴史の町、郡上八幡は、町なかも魅力的ですが、近郊にも見どころがいっぱい。

まずは「古今伝授の里フィールドミュージアム」に行ってみましょう。

 

古今伝授の「古今」とは、日本最初の勅撰和歌集である古今和歌集のこと。「伝授」とは、歌の解釈を中心とし、関連分野のいろいろな学説を師から弟子へ伝えることです。

 

この形式を確立したのが、室町時代の武士で歌人の東常縁(とうのつねより)という人物でした。この東常縁をはじめとする東氏一族は、鎌倉時代から戦国時代初めにかけて、このあたりを治めた領主でした。東常縁は、切紙(きりかみ)による伝授方法を取り入れ、古今和歌集や関連するいろいろな分野の学説を連歌師・宗祇(れんがし・そうぎ)に伝授しました。

吉田_郊外1

「フィールドミュージアム」とは、野外博物館という意味。

 

美しい自然風景の中、およそ2キロに渡り、領主・東(とう)氏の居城であった篠脇城跡(しのわきじょうあと)や、古今和歌集その他の和歌に関する展示品や資料を見ることができる建物などが並んでいます。建物はどれも、水や木々などの風景を生かした現代の名建築です。

吉田_郊外2

ホームぺージはこちらです。

http://www.kokindenju.com/kokindenju.html

 

吉田_郊外3

とりわけお勧めは、「ももちどり」という名のフレンチレストラン。

フランスの三ツ星レストランで修行を積んだ地元出身のシェフが作るお料理は、美しく繊細なお味です。自然の風景を眺めながらいただけば、心まで澄んで来るようです。

吉田_郊外4

吉田_郊外5

緑に囲まれた素晴らしい建物も見どころです。

吉田_郊外6

ホームページはこちらです

http://www.momochidori.info/index.html

 

 

さて、そのお隣にあるのは…。次のページでご紹介します。

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


第41回
水と踊りの小京都 郡上八幡を歩く 後編 郊外編

  • To Top