岡山にある超庶民的お店 ”だてそば” のデミカツ丼は絶品!

プロフィール写真

和歌山生まれ、西日本アチコチ育ち。結婚後~広島県在住。ガーデニング系の資格を多数所持。好きなことには猪突猛進。現在、毎日のウォーキングから発展して、各地名山の登頂をもくろみ中。地の利を活かして瀬戸内中心にお出かけ情報をお届け予定。

広島県東部在住な私ですが、青春である学生時代を過ごしたのが「岡山」。
その時分、友達とよく行っていた繁華街近くにある超庶民的お店、”だてそば”。
(学生時代には単に「だて」と呼んでいました。)
岡山を代表するB級グルメ”だてそば”のカツ丼なくしては私は、育ってなかったかもしれません。(←かなり盛ってます。)

 

そのお店、”だてそば”があるのが、岡山を代表する百貨店「天満屋岡山店(本店)」脇の表町商店街(下記画像)から1本県庁方向に入った”オランダ通り”。

omotecho

こちらが”だてそば”。

date

別の角度から、もう一枚。

date1

この店構えに、歴史を感じます。
地元人気店なので、土日だとお客さんが並んでいることも多々。
店は狭くて席数もそれほど多くないのですが、入れ替わりも割と早い、です。

店内は、いつも混みあってます。

date2

早速注文したのは、「カツ丼」。
ご飯は大盛り(追加150円)にも、少なめにも調整できます。
私は少なめでお願いしました。それでも、他店の普通盛りぐらいな量です。
カツ丼を注文すると、早速、生卵と沢庵がやってきます。

そうして待つこと数分。
やってきました!!!!!

katsu

こちらが、岡山名物!?「デミグラスソース、カツ丼」(通称デミカツ丼)。
先にきていた生卵をのせて、いただきま~す♪♪

 

これこれ、この味~~~!!!
いつもながら、学生時代に食べたあの味、あのまんま。
インスタントラーメンのごとく、しばらく経つと、何故か無性に食べたくなる丼なのです。

 

こちらの”だてそば”。
店名からわかるように”支那そば”と呼ばれる、ラーメンも有名です。
というわけで、そばとカツ丼の定食もあるので、そちらもオススメ。

 

岡山で何食べよう~と迷ったら、こんなB級グルメを通ぶって(?)食べてみるのはいかがでしょうか?

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方



  • To Top