滋賀・守山市で出会う、たおやかで奥ゆかしい「和ばら」の世界

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

こんにちは。寺社部長の吉田さらさです。
いつもは、全国の寺と神社を中心とした旅の情報をお伝えしていますが、
今回はちょっと趣向を変えて、滋賀県の守山市というところにある
素晴らしい「和ばら」の世界にご案内します。

 

 

和ばらとは、日本で交配されて作り出された特別なばらの品種の総称です。
日本で売られている一般的なバラは、外国で開発された品種がほとんど。
外国のバラは華やかで「わたしをごらん」とでも言うように咲き誇るものですが、

対する「和ばら」は、色合いが優しく、花びらも柔らかく繊細で、

いにしえの日本人女性を思わせる、たおやかで奥ゆかしい魅力があります。

吉田さらさ和ばら

 

どこに行けば、その和ばらに出会えるのか?
まずは、JR東海道線(琵琶湖線)の守山駅からほど近いところにある
WABARA Cafeに行ってみましょう。

 

 

こちらは、今年の7月にオープンしたばかりの真新しいお店。
白で統一されたシンプルな店内のそこここに、朝摘みのフレッシュな和ばらが飾られ、
女性だったら、誰でもうっとりしてしまう素敵な空間です。

吉田さらさ和ばら

メニューもとてもおしゃれ。

ケーキ、サンドイッチ、スコーンなど、お茶のお伴も充実していますが、
なんと言っても驚いたのは、ばらの花びらで作られたシロップと

レモンをあわせた「和ばらのレモネード」です。

美味しいという表現では物足りない、この世で一番美しい味。
ずいぶん長く生きてきましたが、

このような飲み物がこの世にあるとは知りませんでした。

吉田さらさ和ばら

 

店内には、美しい和ばらを買えるコーナーもあり、
カフェのお客さんには、一輪プレゼントされます。
こんな心使いも、女心をくすぐりますね。

吉田さらさ和ばら

 

次ページでは、和バラ農園をご紹介。

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


第42回
滋賀・守山市で出会う、たおやかで奥ゆかしい「和ばら」の世界

  • To Top