弓気田みずほさん/おでかけを楽しむ秘訣は「血管力」にありました


おでかけ 弓気田 石

The Clay Machine Gun/shutterstock.com

 

大人世代になってきて、おでかけするのが面倒だったり、おしゃれもそこそこでいいか!?……なんて、思ってしまうこと、増えませんか? 美容コーディネーターで、化粧品メーカーの商品開発なども手掛ける弓気田みずほさんは、実は、かなりのおでかけ名人。いつまでも元気に、美しくおでかけを楽しむコツを伺いました。

unnamed9

弓気田みずほさん
伊勢丹新宿店で化粧品バイヤーを務めた経験を活かし、メーカーや商業施設へのコンサルティング・人材育成・講演等を手がける。美容誌や女性誌等のメディアでは、正しい化粧品選びの指南役として幅広く活動中。OurAgeでも連載中

 

 

「40代、50代になると、瞬発力が減ってくると感じませんか? 行きたかった場所があるのに、疲れているからやめよう、今回はいいか……といった具合に。もしかしたら、血管力が低下しているからかもしれません。

 

最近よく耳にする「血管力」。それは、健康な体や美肌のための食事、コアマッスルのように私たちが健康で若々しくいるためのベースとなる、必要不可欠な力のことです。

 

◆いつまでも元気で美しくおでかけするために必要不可欠な要素、血管力

「おでかけに積極的になるためには、いつまでも健康で美しい自分でいることが重要な要素だと思います。そのために必要なのが“血管力”なのです。血液が滞ることなく必要な場所に必要なだけ栄養や酸素を送り届けて温めて、不要な老廃物を回収して流す。この血管力こそ、元気な体の源、そして美しく健康的な肌でいられるための基本的なこと。とても重要なのです。

 

 

私は街歩きが好きで、京都の美味しいコーヒー屋さんを探しに出かけたり、近所の行ったことがない場所を散歩して、知らなかったお店を発見したりする時間が大好きです。美術館やカフェで気持ちをリセットすることも。血管力を上げておくと、楽しみが増えるんです。

 

海外旅行もリゾートより街が好きで、自分の行きたいところをマッピングした“マイ地図”を持ってでかけるくらい。こうやって元気にでかけられるのは、やはり血管力があるからなんですね」

おでかけ 弓気田 カフェ

Dutourdumonde Photography/shutterstock.com

 

◆血管力は高めることができる!

「年齢とともに血管力が下がってしまうのは自然なこと。それを放置してしまうと体の機能のあちこちの働きが悪くなってしまいます。筋力が低下すると動くのがしんどくなりますし、肌もどんどんエイジングが進みます。反対に、血管力が上がると、じつは気分も上がるんですよ。気力も体力も別々のものではないんですね。血管力を上げれば、思い立った時にさっと動けるし、おでかけを存分に楽しめます

 

今、美容業界でも、血管力が注目されていますね。大人の女性はとくに、血液がめぐる力をつけておくことが大事。血管力が低いと栄養が滞ったり代謝効率の悪い肌になってしまうのです。スキンケアをしても、思うように結果が出せないんですね」

おでかけ 弓気田 根菜

◆食生活で血管力を上げることを意識して!

「私自身、体が冷えやすい体質なので、食事は筋肉をつくって血行を促進するタンパク質と、体を温める根菜類をしっかり摂るように心掛けています。おやつはささみのスモークや納豆、チーズなど。体を温めるシナモンが入っている、サマハンというアーユルヴェーダのお茶も、最近よく飲むようにしています」

 

 

血管力を上げるために、弓気田さんが食以外で心掛けていることは?

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

  • To Top