神戸旧居留地のオリエンタルホテルは、シックなリゾートホテルのように生まれ 変わっていました

プロフィール写真

フラワーアレンジメント教室主宰兼主婦。昨夏より夫の転勤に伴い、東京都港区から熊本市へ。風光明媚で食材・水・温泉に恵まれた九州のいろいろな場所を、これからくまなく歩き回りたい!

楽しくてあっという間に過ぎて行った神戸での時間。

今回滞在したのは旧居留地にあります「オリエンタルホテル」です。

神戸 オリエンタルホテル 入り口

ご存知でしょうか、神戸には「オリエンタルホテル」と呼ばれるホテルが4件あることを。
そのうち1件は現在名前を変えてしまいましたが、

タクシーを捕まえ「オリエンタルホテルまで」とお願いすると

「どこのオリエンタルホテルへ行きましょうか?」

という答えが運転手さんから返って来ます。

旧居留地のオリエンタルホテル 玄関

現在、その4件は全く別々の企業が営んでいるようですが、

元々はどれも、その昔、ここにあったオリエンタルホテルから

育って行った方々が興されたホテルだとのこと・・・。
知りませんでした。そんなエピソードがあったんですね。

 

1870年(明治3年)日本最古のホテルのひとつとして建てられた

旧居留地のオリエンタルホテルは

老朽化と震災により、すっかり綺麗に建て直されてリゾートホテルのよう。

バンコクのマンダリンオリエンタルや、マイアミビーチのセタイを

コンパクトにした感じでしょうか・・・。

 

お部屋は、アジアンモダン。シンプルで機能的に出来ています。
昔の神戸・旧居留地の地図やお写真、そして昔の

このホテルの姿を写した写真も飾られていて、何ともノスタルジック。

オリエンタルホテル 部屋の内装

 

昔の神戸、旧居留地の地図や写真

さて、お部屋に荷物を置いたところで、夜の三ノ宮の街を散策です。
方々歩いたところで、「会員制シャンパンバー」へ行ってみることに。
こちら「天使のあわ」。可愛らしいお名前です。
「会員制」ですので、開けて貰えないかも・・・と思いながら、

その昔、誰かに一度連れてきて貰った淡~い記憶を

インターホン越しに話すとドアを開けて頂けました。

会員制シャンパンバー 天使のあわ 入り口

マスターは、物静かな感じの優しそうな方。
お写真をお願いしましたが、照れながらお断わりされました~(笑)

 

今宵は、スッキリとした味わいの「DEUTZ」を。
これを頂きながら、グラスのお話、ビンテージシャンパンのお話、

お食事やスウィーツとシャンパンの組み合わせ方・・・などなど、

興味深いお話をマスターから伺うことが出来ました。

 

天使のあわ シャンパン

そのマスターが帰り際に下さったお店のマッチ。
最近 マッチをこうして頂くことも、マッチを見かけることも

殆どなくなっていましたが
こうしてみると マッチの箱もひとつのアートですね。

 

天使のあわ マッチ箱

自らの世界を思いっきり表現するアートも勿論素晴らしいと思いますが、

色々な制約がある中で最大限に魅力的に作り出す「広告」の世界のアートも

素敵だなぁと、この箱を見ながら思いました。

 

 

何とも云えない独特の魅力を持つ街・神戸。
今回も、お腹も心も満たされた、良いお時間を過ごすことが出来ました。

 

 

オリエンタルホテル(旧居留地)
http://www.orientalhotel.jp/

食べログ「天使のあわ」
http://tabelog.com/hyogo/A2801/A280101/28001000/

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

◆自信の “ふんわりヘア”で、ショートトリップがもっと楽しく。

ワクワクのおでかけには、ヘアスタイルもばっちりきめていきたいですよね。「最近、髪のボリューム感がなくなった」というお声、たくさん届いてます! ふんわりと仕上がる方法を教えちゃいます。セグレタのシャンプー&コンディショナー ―ハリ・つやシリーズ―は、ふんわりつややかに仕上がる仕組みがあるのですよ。シャンプー後、細かい粒子が髪の毛に残って、乾燥しやすくばらけさせ、根元からしっかり乾かすことで髪が立ち上がりやすくなるのです。「今日、若く見えるね」なんて言われちゃうかも!?


この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
2014/05/12
神戸旧居留地のオリエンタルホテルは、シックなリゾートホテルのように生まれ 変わっていました


  • To Top