HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/89316/

念願の東北のワイナリーツアー、岩手県花巻市へ

西麻布女子 (OG)

西麻布女子 (OG)

東京在住。食、旅、美容などライフスタイル系ブランドのPRをしています。オーガニックアイテムを取り入れて、健康的に美しく年を重ねていくことに興味があります。旅と食べ歩きが大好きで、今年もすでに国内外のおいしい旅を計画しています。新店舗オープン、食や旅を中心としたおでかけ情報を発信していきます。

記事一覧を見る

東北地方で見つけた和製ボルドー、岩手県花巻市大迫町。

 

最近日本産ワインの話題を耳にすることが多くなり、一流ホテルや星付きレストランでも日本産ワインをワインリストで見かけるようになりました。
日本産ワインについてもっと勉強したいなと思っていたところ、東北のワイナリーツアーに誘われ、岩手県花巻市、葡萄の里大迫町にある「エーデルワイン」を訪ねました。

%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%ab%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%b3600

最初は「東北と言ったらリンゴ。ブドウが育つのかしら?」と不思議でしたが、ワイナリーで説明をきいて、
納得を通り越して驚きました。そしてワインに限らず、すべての作物には“テロワール”、土壌がとても大切なのだと確信できました。

 

ここ大迫町では、1949年からブドウ栽培をしています。
1947年のキャサリン台風、翌48年のアイオン台風で、水稲、葉たばこ、養蚕、麦、大豆など、当時の農家の主な作物が全滅。復興策のため町を訪れた国分諭吉岩手県知事が、盆地特有の傾斜地、少ない降水量、朝夕と日中の寒暖差、石灰質土壌という大迫町の特徴が、フランス有数のワイン生産地ボルドーの気候・風土と似ていることから、ブドウ栽培を提案したのが始まりです。
当時植えた最初の1本、樹齢70年を超えていますが、いまだに大地にどっしりと根をはっています。
この樹から大迫町エーデルワインのワイン造りが始まりました。

%e6%9c%80%e5%88%9d%e3%81%ae1%e6%9c%ac

今回のツアーで一番楽しみにしていたのは、ブドウの収穫体験。
ボルドーと土壌・気候が似ているので、ボルドーを代表する品種「カベルネ・ソーヴィニョン」が栽培されています。たわわに実った房をハサミで切り、皮が破れていたり、傷がついている実を取り除きます。収穫の合間に味見をしてみると、酸味と甘みのバランスがとれていて美味しい!どんなワインにできあがるのか、楽しみです。

%e5%8f%8e%e7%a9%ab600

収穫体験のあとはワイン工場を見学し、「ワインシャトー大迫」ではエーデルワインのテイスティングを行いました。中でも「五月長根葡萄園」は、人気のワイン漫画「神の雫」でも紹介されたエーデルワインの代表的なワインの一つです。

%e7%a5%9e%e3%81%ae%e9%9b%ab

化学肥料、農薬使用を控えた土壌作りとブドウ栽培に取り組む大迫町の「エコファーマー」認定農家がつくる、リースリング種と甲州三寸種をかけあわせたリースリング・リオン種の白ワインは、さわやかな果実味が特徴で、澄んだ味わいです。ツアーに参加していたワイン専門誌の編集長も、お土産にしたいと話していました。

 

そしてワインとのお供といえば、チーズ!


大迫町では酪農も行っていて、モッツアレッラ、ゴーダ、スモークタイプのチーズも作っています。
濃厚というより酸味が爽やかな軽い味わいです。

%e3%83%81%e3%83%bc%e3%82%ba-2

チーズをいただいたのは、ワイナリー近くにある「レストラン ベルンドルフ」。
大迫町を中心に、岩手の誇る海・山の恵みをつかったお料理がメニューに並びます。
初日のランチは、地元の白金豚のソテー。

%e7%99%bd%e9%87%91%e8%b1%9a
ディナーはエーデルワインにあわせた数々のビュッフェ料理。洋風以外に和風のお料理との相性もよいエーデルワインの特徴を、存分に体験できたディナーでした。

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%8a%e3%83%bc

宿泊は、「ホテル ベルンドルフ」。部屋の窓からは、ブドウ畑が見下ろせる素敵な立地。大迫町唯一のホテルです。朝食の和食膳は、北上川の鮭や白金豚、香茸、ヨーグルトドリンクなど花巻市周辺の名産を使った朝から元気いっぱいになれる美味しいメニューです。

%e6%9c%9d%e9%a3%9f-2

花巻市の観光には、いわて花巻空港、新花巻駅から乗れる「あったかいなはん花巻号」がおすすめです。宮沢賢治の出身地ならではの、レトロジャンボタクシーでワインシャトー大迫や宮沢賢治記念館、高村幸太郎記念館などを半日でめぐる定額の便利な乗り物です。

%e8%8a%b1%e5%b7%bb%e5%8f%b7

東京からは東北新幹線で新花巻まで3時間弱、東北にあるブドウ栽培に理想的な地質・風土の大迫町。ワイン生産者のお話を伺いながら、のどかな自然の中でワインとグルメ三昧を楽しんだ一泊二日でした。

 

エーデルワイン
http://www.edelwein.co.jp/

 

 

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#東北 #岩手 #食べる

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
今週のおでかけコンシェルジュ〜元気に遊ぶための知恵、伝授します〜

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル