2017年の初詣でにお勧めの寺社は?

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

2017年の初詣でにお勧めの寺社は?

まずはご近所の神社にご挨拶に行き、

その後、干支にちなんだ寺社に行ってみては。

 

はじめに、初詣という風習がどのようにしてはじまったかをお話しします。

昔の日本には、除夜詣という風習がありました。

大みそかに、一家の長が氏神の社にこもり、いったん家に帰って、元旦の朝に再び出かけて「元日詣」をしました。現在は、大みそかの深夜に寺社に出かけ、零時を超えたら初詣としていますが、もともとはこのように二つに分かれており、今の「初詣」は、この元日詣がルーツと言われます。したがって、初詣には、氏神様に新年のご挨拶をするという意味合いがあります。

 

自分の氏神様がわからない人は、自分が住んでいる家の近くの神社にお参りするのがよいです。

神社というものは、そもそもが、地域共同体を守り、五穀豊穣を祈る場として作られたものですから、あなたと家族を守ってくれるのは、やはり近所の神社なのです。

近所の神社とは、通勤の途中や散歩などでも立ち寄ってお参りし、常日ごろからよい関係を作っておき、新年を迎えたら、真っ先にご挨拶に行きましょう。

神社の初詣

 

その場合のお参りは、やはりまず、無事新年を迎えることができたことへの感謝から始めます。そして、「今年もかわりなく、よろしくお願いいたします」とお願いするのがよいです。

新年には、何か大きな願いごとをしてしまいがちですが、実は、「かわらない」ということが一番のご利益だと心得ましょう。

 

近所の神社でのお参りを終えたら、今年行きたい別の神社に行くのもよいです。

その場合は、近所の神社に立寄ってから駅に行き、そこから遠くに出かけるという手順を踏みます。新年のお参りは、一か所だけでなく、複数の神様にお参りしても、問題ありません。

 

2017年にお勧めなのは、干支にちなんだ酉のいる神社です。

鶏は、そもそもが、神道と関係の深い動物で、古事記には、以下のような有名な話があります。

 

「天照大神が天岩戸にこもってしまい、世界が闇に閉ざされた時、

八百万神が常世長鳴鳥(とこよのながなきどり)を鳴かせ,天鈿女(あめのうずめ)命に舞わせて,天照大神が思わず外を覗いた瞬間に引っ張り出し、世界に光が戻りました」

 

鶏は、夜明けに鳴く性質があるため、太陽を呼び出すものと捉えられ、神様のお使いとして大切にされているのです。

鳥居も、「鶏がいるところ」という意味だという説もあります。

伊勢神宮(三重県)、石上神宮(奈良県)など、実際に、境内に鶏が放し飼いされている神社もあります。

 

では、酉年の守り本尊は?

次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


第50回
2017年の初詣でにお勧めの寺社は?

  • To Top