OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

2泊3日で長崎へ① 仕事のある日は、軽くて疲れないニットのローブカーデが活躍!

小林一美

小林一美

「Le pivot(ル・ピボット)」デザイナー。
20代よりデザイナーとして活躍し、12年に表参道の裏通りに、自身のブランド「ル・ピボット」のオフィス兼ショップを構える。素材への思い入れが深く、着心地のよさでファンになる大人が後を絶たない。料理や器など、暮らしまわりへの造詣も深い。若い頃から、出張を含めて旅が多い。

記事一覧を見る

少し前になりますが、長崎に行って来ました!

出張ですが、初長崎なので観光編と仕事編に分けてまとめます。

先ずは仕事編。

 

お取引先のクール・ドゥ・ジョアさんで、ポップアップショップをさせて頂きました。

http://coeurdejoie.com/

お店の前でパチリ。

小林_長崎_仕事1

2泊3日の旅で、まだ暖かい気候だったので、

アウターは、3日間通してニットのローブカーデでした。これからの季節でも、少し暖かい日などは活躍します。

小林_長崎_仕事2

中にナイロンなど風を通さない薄い物を1枚プラスしたり、夜は更に大判のストールがあれば結構大丈夫なのです。何より軽くて疲れません。

リモワのカートを預けて、機内と外出する際のバッグに、KOのショルダーを。

1日目は飛行機でもラクチンなニットワンピースでした。

DOSAのペチコートとエテールのベルトをプラスして、ネックレスはMAISON RUBUS. ブーツはトリッペンです。

小林_長崎_仕事3

クール・ドゥ・ジョアさんは、オーナーの中山さんの感性でその時々の品揃えが魅力のお店です。

イベントもよくされていて、古道具があったり、私達のイベントの後は、ダンスコの靴屋さんに早変わりしていました。

その都度、陳列やディスプレイも素敵です。

天井もこんな感じで手抜き無し。

小林_長崎_仕事4

そしてディスプレイされているのは…。次のページへ!

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#九州 #長崎 #食べる

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
<前の記事

<前の記事
第17回/展示会前に“鯛茶漬け弁当”をピックアップ。そんな日は、ショルダーにスニーカーで…

次の記事>

次の記事>
第19回/2泊3日で長崎へ② 観光の日は、小物でおしゃれを楽しみます…

この連載の最新記事

夏から秋へ。季節の変わり目コーディネートは小物類が活躍します

第43回/夏から秋へ。季節の変わり目コーディネートは小物類が活躍します

久しぶりのパリでは美術館や教会、裏道、ゴッホの麦畑などを訪ねました

第42回/久しぶりのパリでは美術館や教会、裏道、ゴッホの麦畑などを訪ねました

9年ぶりのパリ出張へ。モネの美術館へは、絵に合わせたモカベージュのワンピースで

第41回/9年ぶりのパリ出張へ。モネの美術館へは、絵に合わせたモカベージュのワンピースで

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル