19世紀にタイムスリップ?? ホテル カフェ ロイヤルで過ごす休日

プロフィール写真

東京在住。食、旅、美容などライフスタイル系ブランドのPRをしています。オーガニックアイテムを取り入れて、健康的に美しく年を重ねていくことに興味があります。旅と食べ歩きが大好きで、今年もすでに国内外のおいしい旅を計画しています。新店舗オープン、食や旅を中心としたおでかけ情報を発信していきます。

温泉ですっかりと癒されたイギリス・バースの街に別れをつげ、列車で1時間半、週末のロンドンに戻りました。クリスマス前のせいか街中が活気にあふれています。

 

ロンドンでは、「ホテル カフェ ロイヤル」に宿泊。
1865年のオープン以来、オスカー・ワイルド、サマセット・モーム、D.H.ローレンスなどの文豪、王族、セレブリティーの社交の場として栄えてきた「カフェロイヤル」が、2012年に宿泊施設を併設。「ホテル カフェ ロイヤル」としてリニューアルオープンし、いまや人気の5ツ星ホテルになりました。

 

ロンドンの目貫通りリージェント・ストリートに面した入り口では、伝統的なコスチュームをまとったドアマンが迎えてくれます。

カフェロイヤル正面

中に入ると、いきなり19世紀にタイムスリップしたかのようなインテリアに目を奪われます。

ロビー1

そう、19世紀と21世紀、伝統と革新をミックスするのがこちらのデザインコンセプトなのだそうです。フロント、客室やスパなど“宿泊”に関するところは革新的に、それ以外の施設は19世紀の面影を残す伝統的に。
オスカー・ワイルドが毎日のように食事をしていた「オスカー・ワイルド バー」(当時は「グリル・ルーム」)も、ご覧の通り、19世紀のインテリアを見事に復元しています。
写真はアフタヌーンティーの様子ですが、現代の服装に違和感を覚えるくらい19世紀らしさが表現されています。

オスカーワイルドバー

こちらのアフタヌーンティーは時間ごとの予約制。翌日の予約をと思ったら、残念ながらすでにどの時間帯も満席でした。かなり人気が高いようです。

 

次はスパ&ディナーです

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

  • To Top