地元の人たちが愛する洋食、下鴨にある「グリル生研会館」

プロフィール写真

旅ライター&京のおもてなしリーダー
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを経て、集英社「エクラ」などのライターに。
3年前より京都に在住。京都検定2級。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

地元の人たちが愛する洋食、下鴨にある「グリル生研会館」

 

 

「下鴨神社」の西側を通る下鴨本通り。神社へ入る道のそばのビル1階にある「グリル生研会館」が今回ご紹介する場所。

小原誉子グリル生研会館

ここは、下鴨エリアを中心に地元の人たちが、子供の頃から通う、昭和33年にできた洋食店です。
店内に入ると、どこか懐かしい昭和の香り漂うインテリア。昭和生まれには、心落ち着く雰囲気です。クロスのかかったテーブルには、小さな花と三角に折った紙ナフキン、そして胡椒や塩の小瓶が並びます。ガラスブロックの窓から注ぐ陽光が、やさしく注がれる店内。壁には、油絵や古い写真が飾られています。

小原誉子グリル生研会館

現在、オーナーシェフを務める西崎裕紀さんは3代目。

小原誉子グリル生研会館

初代のおじい様は、古い写真の中にその姿を見ることができます。写真が撮影されたのは、戦前の満州にあった「大和ホテル」です。ここは、南満州鉄道が、1914年に5年の歳月を費やし建設した高級ホテルで、当時は迎賓館としても使われていたそう。その利用者には、ラストエンペラーの溥儀や男装の麗人の川島芳子などが名を連ね、まさに歴史の舞台になったホテルです。

小原誉子グリル生研会館

そこで料理の腕を磨いたおじい様が、日本に戻り開いたお店がここ。共に満州で働いたシェフ仲間は、それぞれ洋食店を開いたそうですが、その当時の流れが今も残る本格的な味は、このお店だけに…。

 

さて、このグリルの名は、実はビルの名前に由来します。もともと昭和22年に、京都大学の1室に設立された、自然科学的な研究を行い、科学技術の振興と産業の発展に寄与することを目的にする「財団法人 生産開発科学研究所」が、新しい所屋建設に伴い、その中に作ったホテル業務を担ったのが、「グリル生研会館」の前身です。

 

「創業当時は、このビルは、ホテル機能も備えていて、宴会場や宿泊施設があり、研究者たちが、宿泊し、ここで朝食などをとったんですよ。もう30年ほど前に宿泊部門はなくなって、今は、研究所の事務所です。また以前は、下鴨神社で挙式して、ここで披露宴をする人たちも多かったんです」と、下鴨生まれの西崎さん。子供のころの記憶を思い出して、話してくださいました。

 

歴史に名を留める人たちをもてなしたおじい様から受け継いだ、丁寧な味の洋食がここにはあるのです。

 

 

次のページでは、注文した1番人気のランチを紹介します!

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

第37回
地元の人たちが愛する洋食、下鴨にある「グリル生研会館」

  • To Top