地曳いく子/①ブランドスニーカーはコスパよし!?

プロフィール写真

1959年生まれ。スタイリスト。数々のファッション誌をはじめカタログや広告、女優のスタイリングなどで30年以上のキャリアを誇る。『大人のおしゃれDo !&Don’t ババア上等! 余計なルールの捨て方』(共著・集英社)など、小気味いい語り口が人気の著書も多数

巷は空前のスニーカーブーム。そんなときこそスニーカーデビュー&お気に入りを見つけるチャンス。着こなし実例から、〝大人に似合う〞をキーワードにしたおすすめまでを同世代スタイリスト、地曳いく子さんが指南!  背中を押してくれる地曳さんの言葉にも注目して。

 

 

大人のスニーカー道には
ふたつの選択肢がある!

大人のスニーカー道 リエート・ナイキ

[右]ブランドスニーカーの代表格、イタリアの匠が生きるシューズメーカー発のレザースニーカーは、シンプルでいて特別な存在感が漂います。白のカーフレザーで洗練された足元を。¥62,000/リエート(サントーニ)

 

[左]お馴染みの人気ブランド「ナイキ」。ランニングモデルならではのクッション性と弾むような反発性は、一度履いたらやめられません。黒×白のモノトーン配色が小粋。【ナイキ ウィメンズ ルナポンテ2 】¥12,000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ)

 

 

履いた者勝ち!?
スニーカーを履くべき理由

 

いくらおしゃれをしても、足元がダサくて決まらなければすべてが台なし。でもヒールの靴がつらくなった今、私たち世代は、何を履いたらよいのでしょうか? それは「スニーカー」です。このところのトレンドアイテムで、とりあえずどんなスタイルでもスニーカーを合わせてしまえばたちまち「オバさんくささ」は消え失せ、「ナウいスタイル」に変身します。

 

さて、肝心なスニーカー選びですが道はふたつ。おしゃれトレンド志向のあなたなら、ラグジュアリーブランドやセレクトショップのちょっとリッチな物を。確かにお値段は張りますが、中途半端な革靴よりも履き回せるので大丈夫。毎日履き倒しましょう。もうひとつの方法はスニーカー老舗ブランドで白やネイビー、グレー、黒などベーシックカラーの新作や進化した定番リバイバル物を選ぶこと。「昔、部活で履いていたのよね」というあなたもぜひ一度試してください。ソールや履き心地が驚くほどよくなっています。今回は、皆さんに人気の服のスタイルに合わせてスニーカーブランドをおすすめしてみました。

 

最初に自分にぴったりくる一足さえ選んでしまえば、どんな服にでも合わせるのが今年流。履くだけでおしゃれに見えるうえにガンガン歩けて健康にもいい。今スニーカーを履かない理由なんて見つかりませんね。

 

 

次のページでは、 履きまわせてコスパよしのブランドスニーカーをご紹介!

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top