ユーレイルパスでヨーロッパ縦断4200km、鉄道トライアスロンの旅① 目指せ、「死にゆく町」チヴィタ・ディ・バニョレッジョ

プロフィール写真

旅するコピーライター・エディター。

世界107ヶ国1300都市以上を旅してきた。 以前は海とヨットが大好きだったが 今は空を飛ぶことがなによりも好き。 趣味は仕事。

井原さん ユーレイルパス

「ユーレイルパスを使って、ヨーロッパの美しい村を巡るプレスツアーをやるので参加しませんか?」

「します、します」

と、ろくろく考えもせず返事をした瞬間、想像を遥かに超える、おもろくも濃すぎる鉄道トライアスロンの旅への参加が決まった。

私は「やったことがない」ことに弱い。さらにチャレンジはアンチエイジングに一番効く薬だと思うので、冒険にはNOと言わないのである。

 

人生初の“鉄道だけでヨーロッパ縦断”。

10日間でイタリア南部のローマからオランダ北方にあるヒンデローペンまで4200キロ余りを駆け抜ける。

なんて素敵なのかしら。私の脳裏には「美しい車窓」とか「食堂車でご馳走とワイン」といった都合の良い妄想だけが膨らんでいった。

 

「集合場所はローマでいいっすね」

と主催者であるユーレイル・グループのNさんの決定により、パリ経由でローマの税関を抜けたところで待ち合わせ。

集まったメンバーは、

著名な鉄道カメラマン櫻井寛氏、地球の歩きかた編集部にしてヨーロッパの鉄道時刻表の編集を手がける鹿野氏、女子鉄という言葉を世界にひろめたアナウンサーともみん、物静かに、しかし執拗に鉄道を目で舐め回す戸部氏、

その日のことはその日に書いてすぐに媒体にアップする超速ライター日沼氏、

そして、どこへ行っても車窓などおかまいなしに淡々と趣味の刺繍を続けるユーレイル・グループのN氏、という最強の鉄道オタクたちだった。

 

「あのー、ローマまで来てからでなんなんですけれど、なぜに私を呼んでくださったんですか? 私は美容と健康のオンラインマガジンOurAgeのライターなんですが?」

とN氏に聞いてみたところ

「有名な鉄道マニアのみなさまばっかりだったので、ひとりくらい違う分野の人が入ってもいいかなって思ったの」

(違いすぎないかっ)と思ったものの、もはやローマ。

 

 

一行は、第1番めの目的地、チヴィタ・ディ・バニョレッジョという決して覚えられない名前の中世都市を目指したのである。

 

ローマのフィウミチーノ空港で列車に乗る前に大切なユーレイルパス豆知識:

 

旅の前に“Rail Planner App” をダウンロードしておく。このアプリで列車や乗り換え情報を見ながら旅をするのだ。

井原さん Rail Planner App1井原さん Rail Planner App2

アプリを開いて乗る駅と目的地を入れるだけ。こんな風に乗り換えが簡単にわかる。

 

 

ユーレイルパスの注意事項:

ユーレイルパスを使う前に、旅行社か駅の窓口で有効化する(スタンプを押してもらう)

ユーレイルグローバルパスは2ヶ月有効で、その間通算10日間利用できる(1日のうちで何度乗り換えても大丈夫)

600ユーロするので、1日で60ユーロ以上乗らないと元が取れない。

乗車前(車掌さんがくる前)に氏名、住所、メルアドを書き込み、さらに日付と乗車した駅を書いておく。

決して日付を間違えてはならない(不正行為とみなされて罰金を取られることがある)

鉛筆で書いてはならない

日付を間違えた場合、斜線で消して下の段に正しい日付を書き込む。間違った日付は1日使ったものとカウントされ、1日分の60ユーロがムダになる。

 

日付と乗車駅をあらかじめ書いておけばいいじゃない、と思われるかもしれないけれど、もしもその電車に乗れなかったり、あるいは、「あら、ここ綺麗だからもう一泊したい」と日程を変えたときにアウトとなる。なので当日の朝、その日のことを書くのがベスト。

 

 

 

 

最初の目的地、天空に浮かぶ村「チヴィタ・ディ・バニョレッジョ」へ。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第32回
ユーレイルパスでヨーロッパ縦断4200km、鉄道トライアスロンの旅① 目指せ、「死にゆく町」チヴィタ・ディ・バニョレッジョ

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top