カルトナージュ風ウエットテイッシュボックスを作りませんか

プロフィール写真

おうち美容研究家

 

家庭用品の企画・開発のコーデイネーターとして道具開発のコラボ企画を数多く手がける中で食、健康、美容の深い関係にめざめ、50代の坂道を目前に、もっと元気にもっときれい! 素敵に年を重ねるための下ごしらえをスタート。

自分磨き、さびない身体づくり「おうちセルフケアー」を実践。

日々の暮らしの中で取り組める「気軽で楽しいおうち美容」などお役立ち情報を発信。

簡単なのにかわいくて素敵!な手作り小物のご紹介です。

今回はウエットテイッシュボックスのおしゃれデコをご紹介させていただきます。

ドラッグストアなどで売っているプラスチックのボックスに入ったウエットテイッシュ。

あれをカルトナージュ風に変身させます!

(カルトナージュ=箱などに紙や布を貼り付けて仕上げたもの。フランスの伝統的な手芸)

集英社ウエットテイッシュデコ01

ボックス入りはボタンを片手でポンするだけで、簡単にシートが取り出せる便利グッズ。

食卓やキッチンで手軽に使えるアイテムですが、包装パッケージを外すとシンプルというか、のっぺりというか……

なので、おしゃれにデコして、食卓にそのまま出しても気分よく使えるようにしました!

shinoda_decobox_02

そこでこのケースをおしゃれにかわいくデコしちゃいましょう!とトライしてみました。

いい感じの仕上がりで、おまけにとっても簡単です!

まずは、ぜひひとつ作ってみていただきたいです。

手順がわかれば1時間ほどでスイスイスイ~とかんたんに作れます。

切って➡貼りつけて➡仕上げのテープデコ、で完成!

では材料と作り方のご紹介です。

〈材料〉※1個分

●ウエットテイッシュケース(今回はユニ・チャームの「シルコットウェット」で)

●生地………………50cm × 30cm

●両面テープ………幅1cm。強力タイプがおすすめです

●ボンドと楊枝

●テープやリボン……幅1cmぐらいのものを250cm

●型紙用の紙………コピー用紙で代用

〈作り方〉

1)「ふた」と「ふたの左右の部位」の型紙をとります。

それぞれ本体に紙を当てて形を写します。

左右の部位は1枚の型紙を裏返して使います。

型紙は厚紙に書き写しておくと、また同じものを作るときに便利です。

shinoda_decobox_03

2)生地を裁ちます。

1)の型紙の生地

ケース本体の側面用の生地(4.5cmx50cmを1本)を裁ちます。

shinoda_decobox_04

3)テイッシュボックス全体に両面テープを貼ります。

shinoda_decobox_05

4)生地を貼りつけます。

生地はやや引っ張り気味に貼ると、きれいに仕上がります。

shinoda_decobox_06

5)仕上げにリボンやテープをボンドで貼り飾りつけます。

布の端を隠すように飾りつけをしてください。

ケース側面の大きな面も飾り付けをすると華やかに!

集英社ウエットテイッシュデコ06‐2

6)完成品はこちら!

shinoda_decobox_07

シンプルバージョンもつくってみました!

ケース本体のボタンの色と、使用する生地やテープの色を合わせるコーデイネートがおすすめです。

shinoda_decobox_08

生地の色や絵柄をかえるだけでいろいろな雰囲気が演出できますよ。

お部屋のインテリアとコーデイネートなさったり、お子さんのお好きなキャラクターの生地などを使って、オリジナルデコをどんどん楽しんでください。

Imageの参考に、他の完成品も紹介させていただきます。

shinoda_decobox_09

↑人気のマカロンスイーツのやさしいピンクイメージで。

shinoda_decobox_10

↑作り方でご紹介したボックスに同系色のピンクリボンでアクセントに。

↓ブラックリボンで3通りのアレンジを楽しんでみました。

shinoda_decobox_11

shinoda_decobox_12.pg

shinoda_decobox_13

シンプルな色の組み合わせは大きめのリボンなどで華やかさを出します。

ランチ会やお茶タイムなど、親しい友人からお誘いがあったときは、今回ご紹介したような手作りのデコ・ウエットテイッシュボックスをご披露し、プレゼントさせていただくことがあります。

「コレ何??」

「え~、自分で作ったの?!かわいい~!」

って、ちょっと場が盛り上がります。

「かわいい~」には魔法の誉め言葉パワーが潜んでいて、お世辞とわかっていても、ついついうれしくなってしまう私!

次はどんなかわいい~を作ろうかしら、と意欲モリモリです。

お手持ちの生地や100円均一ショップで揃えられるテープリボンなどで、簡単&気軽に作れる工作感覚の手作りをぜひお楽しみくださいませ。

『おうち美容 本日のキモ』

暑い夏。料理も時短レシピが人気のこの季節、手作りも「時短」がおすすめです。

手軽にチャチャッと作れて、仕上がりもそれなり。

私ってセンスいいかも~!!って、自分をほめてあげたくなりそうです。

最後に、ぜひみなさんご一緒に

「マダム篠田の3か条」を……

さびない、くすまない、しぼまない。

 

 

 

みなさま、本格的な夏がやってまいります。

今年の夏は、猛暑のようですが

暑さに負けず、お元気にお過ごしください。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第15回
カルトナージュ風ウエットテイッシュボックスを作りませんか

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top